AG-TECH CORPAG-TECH CORP

ENGLISH

Tech Tip
PSQL Library

「システム ストアド プロシージャの使用」

Actian Zen のシステム ストアド プロシージャは、独自の SQL クエリを作成することなく種々のタスクを実行する手段を提供します。

システム ストアド プロシージャを呼び出す一般的な形式は次のとおりです。
Call プロシージャ名 (‘データベース名’, ‘テーブル名’, ‘オブジェクト名’)

以下に、Zen システム ストアド プロシージャの 2 つの例を示します。これらを使用すると、1 つ以上の DDF(データ辞書ファイル)テーブルを結合するクエリを生成することなく、DDF への問い合わせを実行することができます。

Demodata データベースの Billing テーブルのフィールド名についての情報を入手するには、次のようにします。
Call psp_columns(‘demodata’, ‘billing’, )
メモ:列名を空のままにしておくことにより、Billing テーブルの列名のすべてを要求しています。

このクエリの結果は次のとおりです。




特定のデータベースですべてのユーザー テーブルの名前を問い合わせるには、psp_tables ストアド プロシージャを使用することができます。

Call psp_tables(‘demodata’, ,’user table’)




利用可能なシステム ストアド プロシージャが多数あります。

psp_columns psp_column_attributes psp_column_rights
psp_fkeys psp_groups psp_help_sp
psp_help_trigger psp_help_udf psp_help_view
psp_indexes psp_pkeys psp_procedure_rights
psp_rename psp_stored_procedures psp_tables
psp_table_rights psp_triggers psp_udfs
psp_users psp_view_rights psp_views

システム ストアド プロシージャの詳細については『SQL Engine Reference』マニュアルをご覧ください。

以下のリンクからオンライン マニュアルを参照できます。
https://www.agtech.co.jp/products/actian/docs_portal/Zen/14.1/index.html#page/sqlref%2Fsysstorprocs.htm

Contactお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
必須会社名

個人のお客様は「個人」と入力してください。

必須お名前
必須メールアドレス
必須メールアドレス(確認)
必須ライセンス ありなし
ダウンロード目的