製品アップデート/追加モジュール

ダウンロード条件


お客様が当社の Web サイトからダウンロードしたファイルは、別途記載のない限り、無断で複製あるいは再配布することは許可されていません。

ダウンロードしたファイルの中には、特定ソフトウェアのライセンスをお客様がお持ちであることを前提としたものがあります。このような場合、お客様がそのソフトウェアのライセンスをお持ちでないと使用することができません。

ダウンロードしたファイルの使用はあくまでお客様の責任です。当社は、ダウンロードしたファイルの運用結果やその使用によるお客様の損害に対して、たとえその問題の存在を知り得たとしても、いかなる保証も行いません。

当社は、お客様に対して、ダウンロードしたファイルの使用方法などの個別サポートを一切提供いたしません。


AG-TECH製品ライン


ご利用いただくお客様層に合わせた AG-TECH サポートサービスをご用意しております。



製品別FAQ参考資料
サポートサービスサポートフォーム

お問い合わせはこちら

PSQL v11

PSQL v11 関連

<PSQL v11 SP3 修正プログラムを適用されたお客様へ>
過去に PSQL v11 SP3 修正プログラム インストール ビルド バージョン 11.31.055 から、2015 年 7 月 15 日まで公開していた 11.31.070 までの「PSQL v11 SP3 修正プログラム」を 2つ以上適用した場合、問題が発生する可能性があることがわかりました。インストール ビルド バージョン 11.31.073 以降の PSQL v11 SP3 修正プログラムの適用によってこの問題が修正されます。詳しくは、こちらでご確認ください。

現在、このページで公開されているインストール ビルド バージョン 11.31.101 の PSQL v11 SP3 修正プログラムは、安心してご利用いただけます。


PSQL v11 SP3 修正プログラム
インストール ビルド バージョン 11.31.101
リリース日:2016/6/17

PSQL v11 SP3 修正プログラムをダウンロードしていただけます。
この修正プログラムは、PSQL v11 Service Pack 3をリリースした後で報告されたいくつかの既知の問題を解決します。新機能は含まれておりません。修正の履歴の詳細につきましては、「Readme」をご参照ください。


インストールの方法

注意:修正プログラムやサービスパックを適用する場合は、サーバーマシンとクライアントマシンの両方に対して同時に適用するか、先にサーバーマシンに適用する必要があります。 サーバーマシンより先にクライアントマシンに適用することは推奨されていません。 サーバーマシンとクライアントマシンは、同じバージョンの同じビルドで運用されることをお勧めします。


【 Windows 】
この修正プログラムのインストールの方法につきましては、「Readme」をご参照ください。
注意:この修正プログラムをインストールするには、PSQL v11 Service Pack 3 がインストールされている必要があります。

【 Linux RPM/Tar 】
ファイルをダウンロードして、説明書のインストール手順を参照してください。


PSQL v11 SP3 修正プログラム

ファイル名 ファイル
容量
ファイル内容
PSQLv11Patch_WGE_x86.msp 18,888KB PSQL v11.31.101 Workgroup
PSQLv11Patch_Server_x86.msp 18,820KB
PSQL v11.31.101 Server for Windows 32-bit
PSQLv11Patch_Server_x64.msp 24,592KB PSQL v11.31.101 Server for Windows 64-bit
PSQLv11Patch_Client_x86.msp 17,284KB PSQL v11.31.101 Windows
クライアント 32-bit
PSQLv11Patch_Client_x64.msp 18,848KB PSQL v11.31.101 Windows
クライアント 64-bit
Pervasive.SQL.jajp-11.31-101.000.x86_64.rpm 82,859KB PSQL v11.31.101 Server for Linux
64-bit RPM
Pervasive.SQL.jajp-11.31-101.000.x86_64.tar.gz 88,346KB PSQL v11.31.101 Server for Linux
64-bit TAR
Pervasive.SQL.jajp-11.31-101.000.i486.rpm 77,167KB PSQL v11.31.101 Server for Linux
32-bit RPM
Pervasive.SQL.jajp-11.31-101.000.i486.tar.gz 82,399KB PSQL v11.31.101 Server for Linux
32-bit TAR
Pervasive.SQL-Client-Core.jajp-11.31-101.000.x86_64.rpm 4,451KB PSQL v11.31.101 Linux
クライアント 64-bit RPM
Pervasive.SQL-Client-Core.jajp-11.31-101.000.tar.gz 5,629KB PSQL v11.31.101 Linux
クライアント 64-bit TAR
Pervasive.SQL-Client.jajp-11.31-101.000.i486.rpm 72,540KB PSQL v11.31.101 Linux
クライアント 32-bit RPM
Pervasive.SQL-Client.jajp-11.31-101.000.i486.tar.gz 78,030KB PSQL v11.31.101 Linux
クライアント 32-bit TAR

PSQL v11 SP3
インストール ビルド バージョン 11.30.061
リリース日:2013/01/29

PSQL v11 SP3 をダウンロードしていただけます。
このサービスパックの詳細につきましては、以下をご参照ください。


PSQL v11 SP3 リリース ノート
新機能と改善点
修正履歴
既知の問題
PSQL v11 SP3 ドキュメント

インストールの方法

注意:修正プログラムやサービスパックを適用する場合は、サーバーマシンとクライアントマシンの両方に対して同時に適用するか、先にサーバーマシンに適用する必要があります。 サーバーマシンより先にクライアントマシンに適用することは推奨されていません。 サーバーマシンとクライアントマシンは、同じバージョンの同じビルドで運用されることをお勧めします。


【 Windows EXE 】
下記の製品の EXE ファイル(自己解凍形式)をダウンロードして実行し適当なフォルダーに解凍します。


【 Linux RPM/Tar 】
ファイルをダウンロードして、説明書のインストール手順を参照してください。

PSQL v11 SP3

ファイル名 ファイル
容量
ファイル内容 その他
PSQL-Server-11.30.061.000-win.exe 107 MB Windows Server
32 と 64 ビット
インストール
手順
PSQL-Workgroup-11.30.061.000-win.exe 83.7 MB
Workgroup インストール
手順
PSQL-Client-11.30.061.000-win.x86.exe 77.4 MB
Windows Client
32 ビット
インストール
手順
PSQL-Client-11.30.061.000-win.x64.exe 11.3 MB
Windows Client
64 ビット
インストール
手順
Pervasive.SQL.jajp-11.30-061.000.x86_64.rpm 80.7 MB Linux Server
64 ビット RPM
インストール
手順
Pervasive.SQL.jajp-11.30-061.000.x86_64.tar.gz 86.1 MB Linux Server
64 ビット TAR
インストール
手順
Pervasive.SQL.jajp-11.30-061.000.i486.rpm 75.3 MB Linux Server
32 ビット RPM
インストール
手順
Pervasive.SQL.jajp-11.30-061.000.i486.tar.gz 80.3 MB Linux Server
32 ビット TAR
インストール
手順
Pervasive.SQL-Client-Core.jajp-11.30-061.000.x86_64.rpm 4.33 MB Linux Client
64 ビット RPM
インストール
手順
Pervasive.SQL-Client-Core.jajp-11.30-061.000.tar.gz 5.48 MB Linux Client
64 ビット TAR
インストール
手順
Pervasive.SQL-Client.jajp-11.30-061.000.i486.rpm 70.8 MB Linux Client
32 ビット RPM
インストール
手順
Pervasive.SQL-Client.jajp-11.30-061.000.i486.tar.gz 76.1 MB Linux Client
32 ビット TAR
インストール
手順



PSQL v11 SP2 修正プログラム
インストール ビルド バージョン 11.21.022
リリース日:2013/2/14

PSQL v11 SP2 修正プログラムをダウンロードしていただけます。
この修正プログラムは、PSQL v11 Service Pack 2をリリースした後で報告されたいくつかの既知の問題を解決します。新機能は含まれておりません。修正の履歴の詳細につきましては、「Readme」をご参照ください。


インストールの方法

注意:修正プログラムやサービスパックを適用する場合は、サーバーマシンとクライアントマシンの両方に対して同時に適用するか、先にサーバーマシンに適用する必要があります。 サーバーマシンより先にクライアントマシンに適用することは推奨されていません。 サーバーマシンとクライアントマシンは、同じバージョンの同じビルドで運用されることをお勧めします。


【 Windows 】
この修正プログラムのインストールの方法につきましては、「Readme」をご参照ください。
注意:この修正プログラムをインストールするには、PSQL v11 Service Pack 2 がインストールされている必要があります。

【 Linux RPM/Tar 】
ファイルをダウンロードして、説明書のインストール手順を参照してください。


PSQL v11 SP2 修正プログラム

ファイル名 ファイル
容量
ファイル内容
PSQLv11Patch_WGE_x86.msp 11,686KB PSQL v11.21.022 Workgroup
PSQLv11Patch_Server_x86.msp 11,692KB
PSQL v11.21.022 Server for Windows 32-bit
PSQLv11Patch_Server_x64.msp 13,353KB PSQL v11.21.022 Server for Windows 64-bit
PSQLv11Patch_Client_x86.msp 16,144KB PSQL v11.21.022 Windows
クライアント 32-bit
PSQLv11Patch_Client_x64.msp 14,146KB PSQL v11.21.022 Windows
クライアント 64-bit
Pervasive.SQL.jajp-11.21-022.000.x86_64.rpm 81,018KB PSQL v11.21.022 Server for Linux
64-bit RPM
Pervasive.SQL.jajp-11.21-022.000.x86_64.tar.gz 86,455KB PSQL v11.21.022 Server for Linux
64-bit TAR
Pervasive.SQL.jajp-11.21-022.000.i486.rpm 75,273KB PSQL v11.21.022 Server for Linux
32-bit RPM
Pervasive.SQL.jajp-11.21-022.000.i486.tar.gz 80,532KB PSQL v11.21.022 Server for Linux
32-bit TAR
Pervasive.SQL-Client-Core.jajp-11.21-022.000.x86_64.rpm 4,452KB PSQL v11.21.022 Linux
クライアント 64-bit RPM
Pervasive.SQL-Client-Core.jajp-11.21-022.000.tar.gz 5,623KB PSQL v11.21.022 Linux
クライアント 64-bit TAR
Pervasive.SQL-Client.jajp-11.21-022.000.i486.rpm 70,722KB PSQL v11.21.022 Linux
クライアント 32-bit RPM
Pervasive.SQL-Client.jajp-11.21-022.000.i486.tar.gz 76,200KB PSQL v11.21.022 Linux
クライアント 32-bit TAR


PSQL v11 SP2
インストール ビルド バージョン 11.20.027
リリース日:2012/06/12

PSQL v11 SP2 をダウンロードしていただけます。
このサービスパックの詳細につきましては、以下をご参照ください。


PSQL v11 SP2 Readme
新機能と改善点
修正履歴
既知の問題
PSQL v11 SP2 ドキュメント

インストールの方法

注意:修正プログラムやサービスパックを適用する場合は、サーバーマシンとクライアントマシンの両方に対して同時に適用するか、先にサーバーマシンに適用する必要があります。 サーバーマシンより先にクライアントマシンに適用することは推奨されていません。 サーバーマシンとクライアントマシンは、同じバージョンの同じビルドで運用されることをお勧めします。


【 Windows EXE 】
下記の製品の EXE ファイル(自己解凍形式)をダウンロードして実行し適当なフォルダーに解凍します。


【 Linux RPM/Tar 】
ファイルをダウンロードして、説明書のインストール手順を参照してください。

PSQL v11 SP2

ファイル名 ファイル
容量
ファイル内容 その他
PSQL-Server-11.20.027.000-win.exe 106 MB Windows Server
32 と 64 ビット
インストール
手順
PSQL-Workgroup-11.20.027.000-win.exe 81.6 MB
Workgroup インストール
手順
PSQL-Client-11.20.027.000-win.x86.exe 75.9 MB
Windows Client
32 ビット
インストール
手順
PSQL-Client-11.20.027.000-win.x64.exe 9.18 MB
Windows Client
64 ビット
インストール
手順
Pervasive.SQL.jajp-11.20-027.000.x86_64.rpm 79.2 MB Linux Server
64 ビット RPM
インストール
手順
Pervasive.SQL.jajp-11.20-027.000.x86_64.tar.gz 84.5 MB Linux Server
64 ビット TAR
インストール
手順
Pervasive.SQL.jajp-11.20-027.000.i486.rpm 73.7 MB Linux Server
32 ビット RPM
インストール
手順
Pervasive.SQL.jajp-11.20-027.000.i486.tar.gz 78.7 MB Linux Server
32 ビット TAR
インストール
手順
Pervasive.SQL-Client-Core.jajp-11.20-027.000.x86_64.rpm 4.34 MB Linux Client
64 ビット RPM
インストール
手順
Pervasive.SQL-Client-Core.jajp-11.20-027.000.tar.gz 5.48 MB Linux Client
64 ビット TAR
インストール
手順
Pervasive.SQL-Client.jajp-11.20-027.000.i486.rpm 69.2 MB Linux Client
32 ビット RPM
インストール
手順
Pervasive.SQL-Client.jajp-11.20-027.000.i486.tar.gz 74.5 MB Linux Client
32 ビット TAR
インストール
手順