Pervasive logo

戻る Status Codes and Messages 進む

1 〜 199


MicroKernel Database エンジンのステータス コード

このセクションでは、MicroKernel が返すステータス コードについて説明します。

1:オペレーション パラメータが不正です。

指定されたオペレーションは存在しないか、有効ではありません。

プレリリース版の V8 データベース エンジンに対して一般リリース版の V8 クライアント ソフトウェアを実行していると、このエラーを受け取る場合があります。このような場合には、データベース エンジンをアンインストールし、一般リリース版をインストールする必要があります。

2:アプリケーションで I/O エラーが発生しました。

このステータス コードは、通常ファイルが破損していることを示し、ディスクの読み取りまたは書き込みでエラーが起こります。発生したエラーは次のいずれかです。

3:ファイルが開いていません。

ファイルが開かれていないためオペレーションを実行できません。MicroKernel が何らかのオペレーションを処理する前に、アプリケーションは Open オペレーションを正常に実行しておく必要があります。また、アプリケーションがファイルの無効なポジション ブロックを渡した場合や、ファイルを開くのに使用したクライアント ID 以外のクライアント ID でアプリケーションがポジション ブロックを渡した場合にも、MicroKernel はこのステータス コードを返します。

4:アプリケーションがキー値を見つけられません。

MicroKernel は、指定されたキー値をインデックス パス内で見つけることができません。

5:レコードのキー フィールドに重複するキー値があり ます。

重複値を許可しないインデックスに対して、重複したキー値を含んだキー フィールドがレコードに存在するため、MicroKernel はこのレコードの追加または更新を行うことができません。また、重複したキー値が既に存在するために、キーの重複が認められないインデックスを作成できない場合にも、MicroKernel はこのステータス コードを返します。

6:キー番号パラメータが不正です。

キー番号パラメータに格納されている値は、アクセスしているファイルに対して有効ではありません。キー番号は、そのファイルに対して定義されているキーのうちのいずれか 1 つと一致している必要があります。有効なキー番号は 0 〜 118 です。

7:キー番号が変更されました。

Get Next、Get Next Extended、Get Previous、または Get Previous Extended オペレーションを実行する前に、キー番号パラメータが変更されました。MicroKernel は前のキー番号のポジショニング情報を使用するため、これらのオペレーションでは前のオペレーションと同じキー番号パラメータが必要です。

関連した状況として、アプリケーションが Get オペレーションの直後に Delete または Update オペレーションを実行した場合にも、MicroKernel はこのステータス コードを返します。アプリケーションが、Delete または Update オペレーションで、キー番号の値を直前の Get オペレーションで使用した値から別の値に変更した場合、MicroKernel はレコードの削除または変更を要求どおりに行いますが、少なくともこの時点でこのステータス コードは返しません。ただし、削除または更新の直後に実行した Get Next、Get Next Extended、Get Previous、または Get Previous Extended のいずれかのオペレーションでこのステータス コードを返します。アプリケーションが Delete オペレーションまたは Update オペレーションに渡したものと同じキー値をその Get オペレーションが使用したとしても、このステータス コードは返されます。

連続した Get Next、Get Next Extended、Get Previous、または Get Previous Extended オペレーション(あるいは、前述した Delete または Update オペレーションで)の途中でキー番号を変更する必要がある場合は、Get Position オペレーション、続いて Get Direct/Record オペレーションを使用して、新しいインデックス パスのポジショニングを再度確立します。

8:現在のポジションが不正です。

レコードの更新または削除を行うには、現在のポジションを確立する必要があります。Get オペレーションまたは Step オペレーションを実行して現在のポジションを確立してください。アプリケーションがファイルに無効なポジション ブロックを渡した場合にも、MicroKernel がこのステータス コードを返します。

9:オペレーションが EOF(end-of-file)を検出しました。

MicroKernel は、次の状況でこのステータス コードを返します。

10:キー フィールドは変更できません。

Update オペレーション中に、変更不可として定義されているキー フィールドをアプリケーションが変更しようとしました。

11:指定されたファイル名が不正です。

MicroKernel は、次の状況でこのステータス コードを返します。

12:MicroKernel は指定されたファイルを見つけられま せん。

Pervasive.SQL 2000i 以降で[スペースを含むファイル/ディレクトリ名]を有効にするには、次のようにします。

  1. スタートプログラムPervasive.SQL V8Control Center]を選択します。
  2. Pervasive.SQL エンジン]を展開し、希望のデータベースを展開します。
  3. 設定]、[クライアント]の順に展開し、[アプリケーションの特性]をクリックします。
  4. 右側のフレーム内で、[スペースを含むファイル/ディレクトリ名]をダブルクリックします。
  5. "On" を選択します。
  6. [設定]ユーティリティを終了し、新しい設定を有効にするためエンジンを再起動します。

13:MicroKernel は拡張ファイルのエクステンション ファイルを開けませんでした。

MicroKernel は、アプリケーションが開こうとしている拡張ファイルのエクステンション ファイルを開くことができませんでした。拡張ファイルは 1 つのベース ファイルと最大 31 個のエクステンション ファイルで構成されます。エクステンション ファイルは、ベース ファイルと同じボリュームおよびディレクトリ内に存在する必要があります。MicroKernel は、エクステンション ファイルの削除、移動、または名前変更を行った場合に、このステータス コードを返します。

14:MicroKernel はプリイメージ ファイルを作成できな いか、または開けません。

MicroKernel は、v6.0 より前のデータ ファイルにのみプリイメージ ファイルを使用します。

MicroKernel は、次のいずれかの状況でこのステータス コードを返します。

15:アプリケーションで、プリイメージ中に I/O エラー が発生しました。

MicroKernel は、v6.0 より前のデータ ファイルにのみプリイメージ ファイルを使用します。

16:アプリケーションで拡張エラーが発生しました。

このステータス コードは MicroKernel バージョン 6.0 以降では使用されていません。

MicroKernel で、拡張ファイルのパーティションを作成する前にディレクトリ構造をディスクに書き込んでいる間にエラーが発生しました。MicroKernel がファイルを閉じることができないか、もしくは新しいページはファイルに追加されたが、MicroKernel がそのファイルを閉じて再び開き、ディレクトリ構造を更新することができません。ディスクにハードウェア障害がないか調べてください。

18:ディスクがいっぱいです。

MicroKernel は、次の状況でこのステータス コードを返します。

19:アプリケーションで修復不能なエラーが発生しま した。

ファイルの整合性を確実にするには、『Pervasive.SQL User's Guide』の説明に従ってファイルを修復してください。

20:MicroKernel または Btrieve リクエスタが非アク ティブです。

21:キー バッファ パラメータが短すぎます。

キー バッファ パラメータは、リクエストされたインデックス パスのキー フィールドを収容するのに必要な長さがありません。キー バッファ長が、キー番号パラメータで定義されているキーの長さと等しいことを確認してください。

22:データ バッファ パラメータが短すぎます。

23:ポジション ブロック パラメータの長さが 128 バイ トではありません。

このステータス コードは、バージョン 6.0 以降の Btrieve 言語インターフェイスでは使用されていません。

ポジション ブロック パラメータの長さは、正確に 128 バイトである必要があります。

24:ページ サイズまたはデータ バッファ サイズが不正 です。

MicroKernel は、次のいずれかの状況でこのステータス コードを返します。

25:アプリケーションが指定されたファイルを作成で きません。

MicroKernel は、次のいずれかの状況でこのステータス コードを返します。


メモ  この問題はオペレーティング システムが通常返さないステータス コードをエンジンに返したときに起こります。通常、エンジンはオペレーションが成功したか、ファイルが既に存在しているかのどちらかを予測しています。状況によって、エンジンが使用していたハンドルが機能しないためにこのエラー コードが返されます。しかし、エンジンが行った OS 呼び出しはファイル ハンドルが返されたと見なされます。

1 つの解決策はウィルス対策ソフトウェアを無効にすることです。特定のデータ ファイルのスキャンを省くための、ウィルス対策ソフトウェアの設定の詳細については、サード パーティ ベンダに問い合わせてください。

26:指定されたキーの数が不正です。

ページ サイズに対して指定されたキーの数が無効です。キー セグメントの数は次の制限値の範囲内でなければなりません。

  表 1-6    キー セグメントの最大数

ページ サイズ
512
1024
1536
2048
2560
3072
3584
4096
キー セグメントの最大数
8
23
24
54
54
54
54
119
 

MicroKernel が v5.x フォーマットのファイルを作成するよう設定されている場合、ページ サイズが 512 バイトのファイルでは、キー セグメントの最大数は 8 になり、それ以外の v5.x ファイルに対するキー セグメントの最大数は 24 になります。

キー オンリー ファイルの場合、指定されたキー数が 1 でないか、使用可能なリンク キー数が 0 でないときにも、このステータス コードが返されます(キー オンリー ファイルでは 1 つのキーしか指定できません)。

Pervasive.SQL V8 ヌル値を許可する列: 真のヌルがサポートされるインデックスの設定されたヌル値を許可する列には 2 つのセグメントから成るインデックスが必要なため、1 つのテーブルにはインデックス付きのヌル値を許可する列(または Btrieve ファイルでインデックス付きでヌル値を許可する真のヌル フィールド)は 59 個までしか持てません。ページ サイズが小さくなると、この制限も小さくなります(上に示した値の 1/2 で端数は切り捨て)。Pervasive.SQL で、ファイル作成モードを 7.x 以降に設定し、TRUENULLCREATE をデフォルト値のオンに設定して作成されたファイルはすべて、真のヌルをサポートします。以前のファイル形式で作成されたファイル、あるいは Pervasive.SQL 7 を使用するか TRUENULLCREATE をオフに設定して作成されたファイルは、真のヌルをサポートせず、この制限を受けません。

27:キー ポジションが不正です。

指定されたキー フィールド ポシションが 1 未満であるか、またはファイルに定義されたレコード長を超えています。キー ポジションがレコード長の値より大きいか、キー ポジションとキー長の合計値がレコード長を超えているかのいずれかです。

28:レコード長が不正です。

物理レコード長(ファイルの作成時に指定された論理レコード長に、重複キー、予約済みの重複ポインタ、可変長レコード ポインタおよびブランク トランケーション情報のオーバーヘッドを加算した長さ)は、ページ サイズから 10 バイト(バージョン 5 ファイル形式でファイルが作成された場合は 8 バイト)を引いた値以下で、かつ 4 バイト以上である必要があります。

キー オンリー ファイルの場合、最大レコード長は 253 バイト(v5.0 ファイルでファイルを作成した場合は 255 バイト)です。

物理レコード長の計算に関する詳細については、『Pervasive.SQL Programmer's Guide』を参照してください。

29:キー長が不正です。

MicroKernel は、次のいずれかの状況でこのステータス コードを返します。

30:指定されたファイルは MicroKernel ファイルではあ りません。

このステータス コードは次のいずれかの状況で返されます。

31:ファイルは既に拡張されています。

このステータス コードは MicroKernel バージョン 6.0 以降では使用されていません。

アプリケーションは既に拡張されているファイルを拡張しようとしました。ファイルの拡張を行えるのは 1 回だけです。

32:ファイルを拡張できません。

MicroKernel は、オペレーティング システムのファイル サイズ制限を超えようとしているファイルを収容するための、エクステンション ファイルを作成する必要があります。しかし、新しいエクステンション ファイルを作成して開こうとすると、オペレーティング システムからエラーが出されます。このステータス コードの原因として、ディレクトリがいっぱいである、ディスクがいっぱいである、または MicroKernel がオペレーティング システムから十分な権限を与えられていない、などが考えられます。

33:MicroKernel をアンロードできません。

DOS 環境の場合、MicroKernel は、以下の原因でこのステータス コードを返します。

34:指定された拡張名が不正です。

このステータス コードは MicroKernel バージョン 6.0 以降では使用されていません。

アプリケーションが拡張パーティションに無効なファイル名を指定しました。ファイル名が有効かどうか確認してください。

35:アプリケーションでディレクトリ エラーが発生し ました。

Get Directory オペレーションが存在しないドライブを指定したか、Set Directory オペレーションが無効なパス名を指定したかのいずれかです。ドライブとパス名が有効かどうか確認してください。

37:別のトランザクションが実行中です。

同じユーザーまたはタスクによって別のトランザクションが実行されているときに、アプリケーションが Begin Transaction(19 または 1019)オペレーションを発行しました。アクティブなトランザクションがネストされているかどうかは問題になりません。このステータス コードは、アプリケーション内でネストされたトランザクションに問題があることを示している場合もあります。

38:MicroKernel で、トランザクション制御ファイルの I/O エラーが発生しました。

このステータス コードは MicroKernel バージョン 7.0 以降では使用されていません。

MicroKernel がトランザクション制御ファイルに書き込みを行おうとしました。このステータス コードを受け取った原因として、ディスクがいっぱいである、ディスクの書き込みが禁止されている、MicroKernel のロード時に作成されるトランザクション制御ファイル(BTRIEVE.TRN)が削除されている、トランザクション制御ファイルに読み取り専用フラグが設定されている、トランザクション制御ファイルが破損している、などが考えられます。

39:End Transaction または Abort Transaction オペレー ションを実行する前に、Begin Transaction オペレー ションを実行する必要があります。

アプリケーションは End Transaction(20)または Abort Transaction(21)オペレーションを発行しましたが、対応する Begin Transaction(19 または 1019)オペレーションが実行されていません。プログラム内の End Transaction オペレーションまたは Abort Transaction オペレーションは、Begin Transaction オペレーションの完了後に実行するようにしてください。

40:ファイル アクセス要求が許容されるファイルの最 大数を超えました。

このステータス コードは MicroKernel バージョン 6.0 以降では使用されていません。

アプリケーションは、トランザクション内で許可される最大数を超えるファイルにアクセスしようとしました。MicroKernel の設定時に、論理トランザクション中にアクセスできるファイルの最大数を設定します。

41:実行しようとした操作は MicroKernel では許可され ていません。

MicroKernel は、次のいずれかの理由でこのステータス コードを返します。

MicroKernel は、ファイルまたはパフォーマンスに与える影響が大きすぎる特定のオペレーションをトランザクション中に実行することを許可しません。そのようなオペレーションには、Set Owner、Clear Owner、Create Index、Drop Index が含まれます。

42:以前にアクセラレイティド モードで開いたファイ ルが閉じられていませんでした。

このステータス コードは MicroKernel バージョン 6.0 以降では使用されていません。

MicroKernel は、次のいずれかの理由でこのステータス コードを返します。

43:指定されたレコード アドレスが不正です。

MicroKernel は、次のいずれかの理由でこのステータス コードを返します。

44:指定されたキー パスが不正です。

アプリケーションは、Get Direct/Record オペレーションを使用して、対応するレコード内で値がヌルになっているキーのインデックス パスにポジションを設定しようとしました。MicroKernel は、ヌル キー値に基づいてポジションを設定することはできません。

45:指定されたキー フラグが不正です。

Create オペレーションでのキー フラグの指定に矛盾があります。キーに複数のセグメントがある場合、キー内の各セグメントの重複属性、変更可能属性、ヌル属性は同じである必要があります。また、キー オンリー ファイルでヌル キー属性またはマニュアル キー属性を使用することはできません。アプリケーションが、セグメント キーの 2 つ以上のセグメントに対して異なるオルタネート コレーティング シーケンス(ACS)を指定しようとした場合も、MicroKernel はこのステータス コードを返します。

46:要求したファイルへのアクセスは拒否されました。

MicroKernel は、次のいずれかの理由でこのステータス コードを返します。

47:開いているファイルの数が許可される最大数を超 えています。

このステータス コードは MicroKernel バージョン 6.0 以降では使用されていません。

48:オルタネート コレーティング シーケンスの定義が 不正です。

MicroKernel は、次のいずれかの理由でこのステータス コードを返します。

49:拡張キー タイプが不正です。

MicroKernel は、次のいずれかの理由でこのステータス コードを返します。

[作成ファイルのバージョン]の設定を変更するには、次のようにします。

  1. スタートプログラムPervasive.SQL V8Control Center]を選択します。
  2. Pervasive.SQL エンジン]を展開し、希望のデータベースを展開します。
  3. 設定]、[サーバー]の順に展開し、[ファイル互換性]をクリックします。
  4. 右側のフレーム内で、[作成ファイルのバージョン]をダブルクリックします。
  5. 現在値]を高いファイル バージョンに合わせます。
  6. 設定を終了し、新しい設定を有効にするためエンジンを再起動します。

50:ファイルのオーナーは既に設定されています。

アプリケーションは、既にオーナーを持つファイルに Set Owner オペレーションを実行しようとしました。Clear Owner オペレーションを使用して、前のオーナーを削除してから新しいオーナーを指定してください。

51:オーナー ネームが不正です。

MicroKernel は、次のいずれかの理由でこのステータス コードを返します。

52:キャッシュへの書き込み中にエラーが発生しました。

このステータス コードは MicroKernel バージョン 6.0 以降では使用されていません。

キャッシュ バッファを使用可能にしようとしたときに、MicroKernel は以前にアクセラレイティド モードで開かれたファイルのデータをディスクに書き込もうとしました。書き込み中にオペレーティング システムが I/O エラーを返しました。通常、このステータス コードはハードウェア メモリの障害を示しています。Btrieve をいったんアンロードし、再ロードしてから操作を継続してください。

53:言語インターフェイスのバージョンが不正です。

アプリケーションは、Btrieve v3.15 以前の言語インターフェイスで可変長レコードを含むファイルにアクセスしようとしました。

54:レコードの可変長部分が破損しています。

Get オペレーションまたは Step オペレーション中に、MicroKernel がレコードの可変長部分の全体または一部を読み込むことができませんでした。MicroKernel は可能な限り多くのデータをアプリケーションに返します。通常、このステータス コードは、可変長レコードを格納するのに使用される 1 つまたは複数のページが破損していることを示します。MicroKernel が返すデータ バッファ長を調べ、返されたレコードの量を確認してください。破損ファイルの回復については、『Pervasive.SQL User's Guide』を参照してください。

55:アプリケーションが AUTOINCREMENT キーに不 正な属性を設定しました。

AUTOINCREMENT キーによってインデックス設定されたデータ フィールドは、AUTOINCREMENT キーのキー番号が新しいセグメント キーのキー番号より小さく、フィールドを参照している新しいデータ型フラグが AUTOINCREMENT でない場合に限り、異なるセグメントキーに属することができます。

56:インデックスが不完全です。

Create Index オペレーション(31)または Drop Index オペレーション(32)の実行が完了する前に中断された場合は、インデックスが破損している可能性があります。Drop Index オペレーションを実行して、破損したインデックスをファイルから完全に削除し、必要な場合は Create Index オペレーションでインデックスを作成し直します。

57:拡張メモリ エラーが発生しました。

このステータス コードは MicroKernel バージョン 6.0 以降では使用されていません。

Btrieve for DOS は、拡張メモリ マネージャからエラーを受け取った場合に、このステータス コードを返します。通常、このステータス コードは、MicroKernel がメモリ マッピング レジスタ コンテキストを保存または回復することができなかったことを示しています。これは、拡張メモリを使用する他のアプリケーションと互換性がないことを意味します。

58:圧縮バッファ長が短すぎます。

このステータス コードは Pervasive.SQL 2000i 以降のバージョンでは使用されていません。

59:指定されたファイルは既に存在します。

Create オペレーション実行時に、アプリケーションがキー番号パラメータに -1 を指定し、キー バッファ パラメータに既存のファイル名を指定しました。既存のファイルを上書きする場合は、キー番号パラメータから -1 は取り除いてください。既存のファイルをそのまま残す場合は、キー バッファ パラメータに指定されているファイル名を変更します。

60:指定されたリジェクト カウントに達しました。

Get Next Extended、Get Previous Extended、Step Next Extended、Step Previous Extended のいずれかのオペレーションが、フィルタ条件を満たすレコードを要求された数だけ検出する前に、MicroKernel がリジェクト カウントとして指定されたレコード数を拒否しました。データ バッファに返された最初の 2 バイトを調べて、取得されたレコード数を確認してください。

61:作業領域が小さすぎます。

Get Next Extended、Get Previous Extended、Step Next Extended、Step Previous Extended オペレーションは、バッファを作業領域として使用します。このステータス コードは、作業領域(デフォルト設定は 16 KB)のサイズが十分でないため、フィルタされるデータ バッファ構造と取得された最長のレコードを格納できないことを示しています。作業領域がフィルタ条件または抽出指定を格納するのに十分なサイズで、選択または抽出されるすべてのフィールドを格納するのに十分なサイズであれば、ステータス コード 0 が返されます。

62:ディスクリプタが不正です。

このステータス コードは以下の状況で返されます。

63:Insert Extended オペレーションで指定されたデー タ バッファ パラメータが不正です。

Insert Extended オペレーションで不正なバッファが指定されました。バッファ長が 5 バイト未満であるか、指定されたレコード数が 0 であるかのいずれかです。バッファ長またはレコード数を修正してください。

64:フィルタ制限に達しました。

MicroKernel は、次のいずれかの理由でこのステータス コードを返します。

65:フィールド オフセットが不正です。

Get Next Extended、Get Previous Extended、Step Next Extended、Step Previous Extended オペレーションのエクストラクタのフィールド オフセットが、取得されたレコードの長さに対して無効です。フィールド オフセットを正しい値にしてください(0 〜 レコード長から 1 を引いた値)。

66:オープンできるデータベースの最大数を超えました。

このステータス コードは Pervasive.SQL 2000i 以降のバージョンでは使用されていません。

MicroKernel が開こうとしたファイルにバインドされている MicroKernel データベースが多すぎます。このステータス コードを受け取らないようにするには、MicroKernel がオープンできるデータベース数により大きな値を設定する必要があります。

バウンド ファイルの詳細については、『Advanced Operations Guide』を参照してください。

67:MicroKernel が、SQL データ辞書ファイルを開けま せん。

MicroKernel は、次のいずれかの理由でこのステータス コードを返します。

データ ファイルに RI 定義がある場合、DBNAMES.CFG ファイルは、サーバー設定の[DBNames 設定ファイルのディレクトリ]オプションで指定されたロケーションにある必要があります。また、FILE.DDF と RELATE.DDF(ファイルに RI 定義がある場合)が、サーバー設定の[作業ディレクトリ]オプションで指定されたロケーションにあることを確認してください。

68:MicroKernel は、RI のカスケード削除オペレーショ ンを実行できません。

アプリケーションが削除しようとしたレコードは 16 を超える階層レベルを持つため、MicroKernel は RI 制御が実行されているファイルに対してカスケードの削除規則を実施することができません。下位レベルからレコードを削除し、それからアプリケーションが最初に削除しようとしたレコードをもう一度削除してください。RI の詳細については、『Advanced Operations Guide』を参照してください。

69:Delete オペレーションが、破損したファイルに対 して指定されました。

MicroKernel が Delete オペレーションに応答してカスケードの削除規則を実施しようとしたときに、アプリケーションでエラーが発生しました。このステータス コードは、関連ファイルが破損しており、そのファイルを再作成する必要があることを示しています。RI およびカスケードの削除規則については、『Advanced Operations Guide』を参照してください。

71:RI 定義に違反があります。

72:MicroKernel は、RI 参照ファイルを開けません。

FILE.DDF および DBNAMES.CFG が指定するロケーションに参照ファイルがありません。DBNAMES.CFG ファイルが名前付きデータベースに対して指定しているデータ ファイルのロケーションのうちのいずれかに参照ファイルがあることを確認してください。

RI の詳細については、『Advanced Operations Guide』を参照してください。

73:RI 定義は同期が取れていません。

MicroKernel は、次のいずれかの理由でこのステータス コードを返します。


メモ  同一ネットワーク上の 2 つのサーバーに同一の名前付きデータベースは存在できません。したがって、同一ネットワークの別のサーバーへ辞書を移動することが目的の場合、1 つの方法は、新しいサーバーで名前付きデータベースを作成する前に、元のサーバーの名前付きデータベースを削除することです。

データベースの RI 制約を調べてください。RI 制約のチェック方法については、『Pervasive.SQL User's Guide』を参照してください。

74:MicroKernel はトランザクションを中止しました。

このステータス コードは MicroKernel バージョン 6.0 以降では使用されていません。

これは、情報を提供するステータス コードです。NetWare ベースの MicroKernel は、トランザクション内のトランザクション トラッキング システム(TTS)ファイルのエラーを検出したため、End Transaction オペレーションを Abort Transaction オペレーションに置き換えました。その後、MicroKernel は Abort Transaction オペレーションを実行しました。

76:参照ファイルに矛盾があります。

アプリケーションは、他のファイルを参照する RI 制御のファイルに対して Update、Insert、Delete のいずれかのオペレーションを実行しようとしました。この参照ファイルは既にエクスクルーシブ モードでオープンされているため、アプリケーションでは RI チェックのためにこのファイルを開くことができません。参照ファイルが閉じられるか、エクスクルーシブ以外のモードで開かれてから、もう一度オペレーションを実行してください。RI の詳細については、『Advanced Operations Guide』を参照してください。

77:アプリケーションでウェイト エラーが発生しました。

このステータス コードは MicroKernel バージョン 7.0 以降では使用されていません。

これは、情報を提供するステータス コードです。オペレーションをもう一度実行してください。MicroKernel はオペレーションを自動的に再試行しません。クライアント/サーバー MicroKernel は、次のいずれかの状況でこのステータス コードを返します。

Btrieve リクエスタを使用して MicroKernel にアクセスしている場合は、リクエストしたリソースがロックされていると、Btrieve リクエスタはしばらく待機した後、オペレーションを再試行します。サーバー ベースのアプリケーションが MicroKernel にアクセスして、リクエストしたリソースがロックされている場合は、ウェイトが必要です。この場合、MicroKernel がウェイトを実行することになります。しかし、このウェイトは MicroKernel を占有し、要求したリソースを解放しようとする他のユーザーを排除するため、MicroKernel はウェイトを実行しません。代わりに、MicroKernel はこのステータス コードを返します。サーバーベース アプリケーションは後で再試行する必要があります。

78:MicroKernel がデッドロック状態を検出しました。

アプリケーションは処理を継続する前に、トランザクションを中止または終了したり、すべてのレコード ロックを解除したりすることによって、すべてのリソースをクリアする必要があります。これによりデッドロックが解消され、他のアプリケーションでは待機しているリソースへのアクセスが可能になります。

79:プログラミング エラーが発生しました。

このステータス コードは MicroKernel バージョン 7.0 以降では使用されていません。

MicroKernel が明確に特定できない誤動作または MicroKernel が回復できない誤動作が発生しました。操作を再試行してもエラーが再現する場合は、システムの破損が考えられます。再起動してシステムをクリアしてから、もう一度オペレーションを実行してください。

80:MicroKernel でレコード レベルの矛盾が発生しました。

レコード レベルの矛盾があるため、MicroKernel は Update オペレーションまたは Delete オペレーションを実行しませんでした。たとえば、ステーション A がレコードを読み込んでいるときに、ステーション B が同じレコードを読み込んでそれを更新し、その後にステーション A がそのレコードを更新しようとしています。アプリケーションは、Update オペレーションまたは Delete オペレーションを再実行する前に、レコードを再度読み込む必要があります。また、矛盾を防止するため、アプリケーションはレコード ロックを使用することができます。

キー オンリー ファイルでは、レコードの読み込みの後、あるいは更新または削除を行う前に、レコードがファイルの B ツリー内で移動されると、このステータス コードが返されます。他のレコードを挿入、更新、または削除した結果、レコードが移動することもあります。

81:MicroKernel でロック エラーが発生しました。

MicroKernel は、次のいずれかの状況でこのステータス コードを返します。

82:MicroKernel がポジショニングを失いました。

重複属性のキーで Get Next オペレーションまたは Get Previous オペレーションを実行しているときに、アプリケーションが、削除されたレコードまたは他のアプリケーションによってキー値が変更されたレコードを取得しようとしました。Get Equal オペレーション、または Get Direct/Record オペレーションを使用してポジションを再確立してください(関連するポジション エラーについては、ステータス コード 44:指定されたキー パスが不正です。 を参照してください)。

83:MicroKernel は、トランザクション外で読み込まれ たレコードを更新または削除しようとしました。

このステータス コードは MicroKernel バージョン 7.0 以降では使用されていません。

アプリケーションが、トランザクション内で読み込んでいないレコードを更新または削除しようとしました。アプリケーションは、データを変更する前にトランザクション内でそのレコードを読み込んでおく必要があります。

84:レコードまたはページはロックされています。


メモ  並行トランザクション内でステータス 84 を受け取った場合、アプリケーションで再試行する回数を制限するようにしてください。再試行の回数を制限しないと、アプリケーションが別のトランザクションでデッドロック状態に陥ります。再試行を何回か行った後にまだステータス 84 が返される場合は、トランザクションを一旦中止し、再度そのトランザクションを試行してください。

85:ファイルはロックされています。

MicroKernel は、次のいずれかの状況でこのステータス コードを返します。

86:ファイル テーブルがいっぱいです。

このステータス コードは現バージョンの Pervasive.SQL では使用されていません。MicroKernel が開くことのできるファイルの数は、エンジンが動的に管理するようになりました。

87:ハンドル テーブルがいっぱいです。

このステータス コードは Pervasive.SQL 2000i 以降のバージョンでは使用されていません。ハンドル テーブルはエンジンが動的に管理します。

MicroKernel に設定されている数を超えるハンドルを開こうとしたか、オペレーティング システムが許可する数を超えるファイルを MicroKernel が開こうとしたかのいずれかです。

なお、次に説明する、MicroKernel がオペレーティング システムからハンドルを取得するときのプロセスを理解しておくと役に立ちます。同じファイルを何度も開いても、MicroKernel はオペレーティング システム のハンドルを 1 つしか使用しません。ただし、そのファイルが v6.x 以降のフォーマットで、MEFS モードで共有されている場合、MicroKernel は関連する .LCK ファイルのためにもう 1 つのハンドルを開きます。

ファイルが v5.x フォーマットの場合、MicroKernel は .PRE ファイルのためにもう 1 つハンドルを要求します。また、フォーマットに関わらずファイルが Continuous オペレーション モードにある場合も、MicroKernel はデルタ ファイル用にもう 1 つのハンドルを要求します。ファイルが拡張されている場合、MicroKernel は各エクステンション ファイルのためにオペレーティング システム ハンドルを要求します。

88:アプリケーションでモードの不一致エラーが発生 しました。

MicroKernel は、次のいずれかの状況でこのステータス コードを返します。

上記の最後のケースでは、一度サーバーがダウンすると、Btrieve エンジンはファイルが Continuous オペレーションに置かれていたかどうかがわからなくなります。このような状況から、ステータス コード 88 が返されます。

ファイルを Continuous オペレーションから削除するには、Continuous オペレーション モードを終了する前にファイルを開く必要があります。ファイルが再度開かれると、Btrieve エンジンは Continuous オペレーション フラグが設定されていることを検出し、デルタ ファイルを探します。その時点で、デルタ ファイルのロール インが発生します。

既存のデルタ ファイルのロール インを開始するには、関連するデータ ファイルを開いておく必要があります。ファイルは、Function Executor などのユーティリティや、そのファイルを使用するアプリケーションによって開くことができます。ファイルを繰り返し開いたり閉じたりして使用するようなアプリケーションの場合は、Function Executor を使ってファイルを開くことをお勧めします。これをお勧めするのは、デルタのロール インは優先順位の低いタスクだからです。ロール インがこのように設計されたのは、ロール インが発生している間でもファイルを使用できるようにするためです。ロール インが完了していないのにアプリケーションがファイルを閉じた場合は、そのファイルが再オープンされたときに再度ロール インが開始されます。優先順位の低いタスクなので、ロール イン処理にはかなり時間がかかることがあります。エンジンはロール インを完了すると、デルタ ファイルを削除します。

89:名前エラーが発生しました。

このステータス コードは MicroKernel バージョン 5.0 以降では使用されていません。

デバイスのリダイレクト先のショート ネームを指定する前に BSERVER がロードされました。BSERVER を起動する前に、共有するすべてのショート ネームを NET SHARE コマンドを使って指定する必要があります。

90:リダイレクト デバイス テーブルがいっぱいです。

このステータス コードは MicroKernel バージョン 6.0 以降では使用されていません。

91:アプリケーションでサーバー エラーが発生しました。

MicroKernel は、次のいずれかの状況でこのステータス コードを返します。

受信パケット サイズを調整するには、次のようにします。

  1. sys:system/BTI.CFG ファイルを開きます。
  2. Btreive 通信マネージャ]オプションを探します。
  3. 受信パケット サイズ]の値が環境に適していることを確認してください。

NetWare ユーザーは、次の状況でこのステータス コードを受け取ります。

92:トランザクション テーブルがいっぱいです。

このステータス コードは MicroKernel バージョン 7.0 以降では使用されていません。

アプリケーションがアクティブなトランザクションの最大数を超えました。[設定] ユーティリティを使用して、[トランザクション数]環境設定オプションの値を増やしてください。

93:レコードのロック タイプが一致していません。

アプリケーションは、単一レコード ロック(+100/+200)と複数レコード ロック(+300/+400)を同時に同じファイル内に設定しようとしました。一方のタイプのロックをすべて解除しなければ、もう一方のタイプのロックは実行できません。

94:アプリケーションでパーミッション エラーが発生 しました。

MicroKernel は、次の状況でこのステータス コードを返します。

95:セッションは既に無効になっています。

サーバー MicroKernel は次のいずれかの理由でこのステータス コードを返します。

SPX プロトコルを使用している場合:

受信パケット サイズを調整するには、次のようにします。

  1. sys:system/BTI.CFG ファイルを開きます。
  2. Btreive 通信マネージャ]オプションを探します。
  3. 受信パケット サイズ]の値が環境に適していることを確認してください。
    • SPX タイムアウト パラメータが、クライアント マシンの NET.CFG ファイルとサーバーの SPXCONFG.NLM ファイルの両方で次のように設定されていることを確認してください。
      SPX VERIFY TIMEOUT=54
      SPX LISTEN TIMEOUT=108
      SPX ABORT TIMEOUT=540
      

      この 3 つの値は、1:2:10 の比率になっている必要があります。これらの値は、最大でデフォルト値の 3 倍まで増やすことができます。値を増やした後で再度このステータス コードを受け取った場合、問題の原因はこれらの設定ではないと思われます。

  4. Windows サーバーの場合、レジストリの[受信パケット サイズ]設定の値が 10 進の 576、つまり 240h であることを確認してください。
  5. レジストリの MaxPktSize 設定へのパスは、
    HKEY_LOCAL_MACHINE¥System¥currentControlSet¥
    Services¥NwInkIPX¥NetConfig¥MaxPktSize です。

    ネットワーク タイムアウト パラメータの値を増やした後で、再度このステータス コードを受け取った場合、通常はネットワーク通信に問題があることを示しています。新しいバージョンのネットワーク カードおよびドライバを使用していることを確認してください。また、互換性のない LAN カード ドライバが原因でこのステータス コードが返されることもあります。ネットワーク通信のトラブルシューティングについては、LAN 管理者に問い合わせてください。

  6. Windows NT Service Pack 3 または 4 をインストールした後、SPX リクエスタで障害が発生し、このステータス コード(95)、ステータス 97 またはステータス 91 を返すことがあります。このエラーの詳細については、Microsoft Knowledgebase の Article 170517 を参照してください。
  7. スタートファイル名を指定して実行]を選択します。
  8. 「Regedit」とタイプして[OK]をクリックします。レジストリ エディタが開きます。
  9. Regedit を使ってサーバーのレジストリに次の変更を行います。

    HKEY_Local_Machine|System|CurrentControlSet|Services|NwLnkIpx|<Network Card>|MaxPktSize = 240 Hex.

    HKEY_Local_Machine|System|CurrentControlSet |
    Services|NwLnkIpx|<Network Card>|NetworkNumber = <ゼロでない値>

  10. 次のレジストリ エントリを追加します。

    HKEY_Local_Machine|System|CurrentControlSet |
    Services|LanManServer|Parameters|MinClientBufferSize regdword = 500

96:通信環境エラーが発生しました。

MicroKernel は、次のいずれかの理由でこのステータス コードを返します。

97:データ バッファが小さすぎます。

アプリケーションは、MicroKernel または Btrieve リクエスタの現在の許容値より長いレコードを読み込みまたは書き込みしようとしました。次のような場合があります。

通信バッファ サイズを増やすには、次のようにします。

  1. スタートプログラムPervasive.SQL V8Control Center]を選択します。
  2. Pervasive.SQL エンジン]を展開し、希望のデータベースを展開します。
  3. 設定]、[サーバー]の順に展開し、[通信バッファ サイズ]をクリックします。
  4. 右側のフレーム内で、[通信バッファ サイズ]をダブルクリックします。
  5. 現在値]を増やします。(メモ:最大値は 65153KB です。)
  6. [設定]ユーティリティを終了し、新しい設定を有効にするためエンジンを再起動します。
  7. DOS リクエスタのみ:Btrieve リクエスタを再ロードして、メッセージ バッファ サイズの値を大きくします。これは、/D パラメータを使って行います。このパラメータの説明『Getting Started with Pervasive.SQL』に記載されています。
  8. Windows サーバーの場合、レジストリの受信パケット サイズ設定の値が 10 進の 576、つまり 240h であることを確認してください。レジストリの MaxPktSize 設定へのパスは、
    HKEY_LOCAL_MACHINE¥System¥currentControlSet¥
    Services¥NwInkIPX¥NetConfig¥MaxPktSize です。

メッセージ バッファのサイズ設定については、『Advanced Operations Guide』を参照してください。

98:MicroKernel が内部トランザクション エラーを検出 しました。

バージョン 6.0 以前の MicroKernel の場合:NetWare ベースの MicroKernel は、NetWare トランザクション トラッキング システム(TTS)ファイルでオペレーションを実行中にエラーを検出しました。この時点でアプリケーションが実行できるのは Abort Transaction オペレーションのみです。

99:Btrieve リクエスタが NetWare ランタイム サーバー にアクセスできません。

このステータス コードは以下の状況で返されます。

メモ:"SatEntry" は "SatEntry1=xxxxxxx-01,2,3" のような行です。

100:使用可能なキャッシュ バッファがありません。

これは、MicroKernel がロード時に割り当てたキャッシュ バッファをすべて使用してしまったことを示しています。

アプリケーションがユーザー トランザクション内で大量の書き込み操作(Insert、Update、および Delete)を使用する場合に、このステータス コードが返ることがあります。現在実装されている MKDE では、トランザクションが完了するまで、変更ページはすべてキャッシュ内に存在する必要があります。

メモ:使用可能なメモリが制限されているマシンでは、数千もの書き込み操作を含む非常に大きなトランザクションは正常に終了できない可能性があります。

開発者の方は、もっと頻繁にトランザクションをコミットするようにアプリケーションを修正することで、キャッシュ内にとどまる変更ページを少なくすることができます。この問題を解決するもっと一般的な方法は、設定オプションの[キャッシュ割当サイズ]を増やして MicroKernel を再ロードすることです。

Pervasive.SQL V8 を開始している場合は、MicroKernel がキャッシュ割り当てを動的に管理します。このような状況でもまだステータス コード 100 を受け取る場合は、メモリを追加する必要があります。

キャッシュ割り当てを増やすには次のようにします。

  1. スタートプログラムPervasive.SQL V8Control Center]を選択します。
  2. Pervasive.SQL エンジン]を展開し、希望のデータベースを展開します。
  3. 設定]、[サーバー]の順に展開し、[パフォーマンス チューニング]をクリックします。
  4. 右側のフレーム内で、[キャッシュ割当サイズ]をダブルクリックします。
  5. キャッシュを割り当てるメモリをバイト単位で入力して、[現在値]を増やします。メモ:デフォルトは動的です。
  6. [設定]ユーティリティを終了し、新しい設定を有効にするためエンジンを再起動します。

101:オペレーティング システムのメモリが不十分です。

これは、使用可能なオペレーティング システム メモリが足りないため、要求されたオペレーションを実行できないことを示しています。この問題を解決するには次のいずれかを実行します。

102:スタック領域が不十分です。

これは、MicroKernel のスタック領域が不足していることを示しています。アプリケーションで使用できるスタック領域を大きくするには、アプリケーションをリンクし直して、スタック サイズの値を大きくします。MicroKernel は、WBTRCALL.DLL を呼び出す Windows ベースのアプリケーションか、ローカル サーバー上の Btrieve インターフェイスを呼び出すアプリケーションに対してのみこのステータス コードを返します。

103:チャンク オフセットが大きすぎます。

MicroKernel は、次のいずれかの状況でこのステータス コードを返します。

104:MicroKernel がロケールを認識しません。

Create オペレーションまたは Create Index オペレーションの実行中、オペレーティング システムは、指定されたカントリ ID とコード ページのコレーション テーブルを返せませんでした。アプリケーションがロケールのカントリ ID とコード ページを正しく指定していること、またオペレーティング システムがそのカントリ ID とコード ページをサポートするように設定されていることを確認してください。

105:このファイルは、可変長部割り当てテーブ ル(VAT)付きで作成することはできません。

アプリケーションが、可変長部割り当てテーブル(VAT)を使用してファイルを作成しようとしましたが、可変長レコード(ファイルが VAT を使用するための前提条件)が含まれていません。このステータス コードは、通常のデータ ファイルのほかに、キー オンリー ファイルにも適用されます。

106:MicroKernel は Get Next Chunk オペレーションを 実行できません。

アプリケーションが Get Direct/Chunk オペレーションを呼び出してレコードからチャンクを取得するとき、ディスクリプタのサブファンクションにネクストインレコード バイアスを使用しました。しかし、アプリケーションがレコード内にそのポジションを確立した後で(この呼び出しの前に)ターゲット レコードが削除されました。

107:アプリケーションが、v6.0 より前のファイルで Chunk オペレーションを実行しようとしました。

アプリケーションが v6.0 より前のフォーマットのファイルに対して Get Direct/Chunk または Update Chunk オペレーションを実行しようとしました。

109:セマフォの作成時またはアクセス時に不明なエ ラーが発生しました。

Windows NT プラットフォームの ワークグループ MicroKernel が、互換性のないバージョンの DLL を使用してオペレーションを実行しようとしました。MMicroKernel をシャットダウンして、最新バージョンの DLL を使用するようにしてください。

110:アーカイブ ログ設定ファイルにアクセスできません。

アーカイブ ログ設定ファイル(BLOG.CFG)には、アーカイブ ログを実行するドライブ上のデータ ファイルのエントリが含まれています。MicroKernel は、次のいずれかの理由でこのステータス コードを返します。

111:指定されたファイル名は、アーカイブ ログ設定 ファイル内に見つかりませんでした。

MicroKernel は指定されたファイルを BLOG.CFG ファイル内で見つけることができません。ファイルは、同じ物理ドライブ上にある BLOG.CFG ファイル内に指定する必要があります。デフォルトでは、MicroKernel は、アーカイブ ログ ファイルに、ログ対象のファイルと同じ名前に拡張子.LOG を付けた名前を付けます。ただし、BLOG.CFG ファイルで、別のファイル名をアーカイブ ログ ファイルに指定することもできます。BLOG.CFG ファイルがアーカイブ ログ ファイルの正しいファイル名を指定していることと、アーカイブ ログ ファイルが存在することを確認してください。

112:指定されたファイルはほかのクライアントが使用 しています。

ファイルが最後にバックアップしたときと同じ状態になければ、MicroKernel はロール フォワードを実行することはできません。他のクライアントがファイルを変更した場合は、ファイルを再度リストアしてからロール フォワードを実行する必要があります。

113:MicroKernel は、指定されたファイルのアーカイ ブ ログ ファイルを見つけられません。

MicroKernel は、指定されたファイルに関連付けられたアーカイブ ログ ファイルを見つけられません。デフォルトでは、MicroKernel は、アーカイブ ログ ファイルに、ログ対象のファイルと同じ名前に拡張子.LOG を付けた名前を付けます。ただし、BLOG.CFG ファイルで、別のファイル名をアーカイブ ログ ファイルに指定することもできます。BLOG.CFG ファイルがアーカイブ ログ ファイルの正しいファイル名を指定していることと、アーカイブ ログ ファイルが存在することを確認してください。

114:指定されたファイルのアーカイブ ログが不正です。

指定されたファイルに関連付けられているアーカイブ ログは有効なアーカイブ ログ ファイルではありません。デフォルトでは、MicroKernel は、アーカイブ ログ ファイルに、ログ対象のファイルと同じ名前に拡張子.LOG を付けた名前を付けます。ただし、BLOG.CFG ファイルで、別のファイル名をアーカイブ ログ ファイルに指定することもできます。BLOG.CFG ファイルがアーカイブ ログ ファイルの正しいファイル名を指定していることと、アーカイブ ログ ファイルが存在することを確認してください。

115:アーカイブ ログ ダンプ ファイルにアクセスでき ません。

MicroKernel は、次のいずれかの理由でアーカイブ ログ ダンプ ファイルにアクセスできません。

116:このファイルは、ゲートウェイとして機能してい る別の MicroKernel エンジンが所有しています。

MicroKernel は、ロケータ ファイルを読み込むことができても、ゲートウェイ コンピュータ上で実行しているエンジンと通信できません。これは次のような理由が原因で起こります。

130:使用可能なシステム ロックがありません。

このステータス コードは MicroKernel バージョン 6.15 以降では使用されていません。

このステータス コードは、現在使用可能なシステム ロックがないという一時的な状態を表しています。たとえば、次のような場合があります。

クライアントはトランザクションの実行に関係なくこのステータス コードを受け取る可能性があります。このため場合によっては、クライアントは正常に終了しなかったオペレーションを単純に再試行することができます。その間に他のクライアントがシステム ロックを解除していれば、再試行したオペレーションが正常に実行されることもあります。トランザクション中のクライアントにこのステータス コードが返された場合、トランザクションを終了または中断してください。トランザクションが非常に大きい場合は、複数の小さいトランザクションに分割することも検討してください。[設定] ユーティリティを使用して、明示的なロックとして機能するシステム ロック数を減らすこともできます。システム ロック数を減らすには、[ロック数]オプションおよび[セッション数]オプションのいずれか、または両方に割り当てられている値をより小さい値に変更します。

132:ファイルがサイズの制限に達しました。

MicroKernel は、次のいずれかの状況でこのステータス コードを返します。

4,096 バイトより小さいページ サイズを使用しているファイルの場合は、Rebuild ユーティリティを使ってページ サイズを 4,096 バイトに設定してファイルを再構築し、より大きなファイル サイズ制限を利用するようにできます。

133:同じデータ ファイルに 6 人以上のユーザーが同時 にアクセスしようとしました。

このステータス コードは Pervasive.SQL 7 以降のバージョンでは使用されていません。

134:MicroKernel がインターナショナル ソート規則 (ISR)を読み取れません。

MicroKernel は、次のいずれかの理由でこのステータス コードを返します。

135:指定されたインターナショナル ソート規則 (ISR)テーブルは破損しているか、または不正です。

MicroKernel は、読み込み可能な COLLATE.CFG ファイルを見つけましたが、指定されたインターナショナル ソート規則(ISR)テーブルが無効です。

136:MicroKernel は、指定されたオルタネート コレー ティング シーケンスをファイル内に見つけられません。

MicroKernel は、次の状況でこのステータス コードを返します。

138:ヌル インジケータの位置が不正です。

139:MicroKernel が、キー番号で受け付けられない値 を検出しました。

オペレーションの中には、オペレーションに使うファイルのインデックスを指定するためではなく、サブファンクション番号としてキー番号のパラメータを使用するものがあります。(メモ:これは Get Equal オペレーションでも行われます。)アプリケーションがこれらのオペレーションのいずれかに有効なサブファンクション番号(キー番号パラメータを介して)を指定しない場合に、このステータス コードが返されます。

143:MicroKernel は、セキュリティ設定された MicroKernel データベース内のファイルに権限なしでア クセスすることを許可しません。

146:重複システム キー。

システム キーを生成する 2 つの異なるスレッドによって同じキー番号が生成されました。

147:ログ セグメントが見つかりません。

MicroKernel は、少なくとも 1 つのファイルをロール フォワードするのに必要なログ セグメントを見つけられません。

148:ロール フォワード エラーが発生しました。

MicroKernel は、ファイルをロール フォワード中にエラーを検出しました。レポートされるエラー メッセージは、オペレーティング システムによって異なります。

149:SQL トリガ。

Btrieve API を使用してデータベース テーブルまたはエントリを変更しているとき、SQL レイヤによってデータベース上に設定された SQL 制約を検出しました。

160:MicroKernel に不正なパラメータが渡されました。

MicroKernel は、SRB(Service Reply Block)が次のいずれかが原因で破損したパラメータを使用していることを検出しました。

この問題を解決するには、インストールされているコンポーネント間の矛盾を修復するために、Pervasive.SQL を再インストールします。再インストールして再起動した後もこの問題が発生する場合は、テクニカル サポートまでご連絡ください。

161:ユーザー カウント ライセンスの最大数に達しま した。

既にユーザー カウント ライセンス数が制限に達しているときに、別のセッションを開こうとしました。セッションを終了するか、ユーザー カウントを増やしてください。

このステータス コードは、試用ライセンス、つまり一時ライセンスの有効期限が切れた後にも返されます。すべてのユーザーがこのエラーを受け取り、誰もデータベース エンジンにアクセスできなくなった場合は、おそらく一時ライセンス キーを使用しているので、直ちに正規のライセンス キーを適用する必要があります。販売店または株式会社エージーテックにお問い合わせの上、正規のライセンスをご購入ください。

ユーザー カウントの追加購入およびインストールについては、『Getting Started with Pervasive.SQL』を参照してください。Monitor ユーティリティを使用して、Pervasive.SQL に現在接続しているユーザーを調べることができます。Monitor の詳細については、『Advanced Operations Guide』を参照してください。

162:クライアント テーブルがいっぱいです。

このステータス コードは Pervasive.SQL 2000i 以降のバージョンでは使用されていません。関連する設定はエンジンが動的に管理します。

このステータス コードは次のいずれかの状況で返されます。

163: ヌル インジケータを最終セグメントにすることは できません。

ヌル インジケータ セグメント(NIS)をキー ディスクリプタの最後のセグメントにすることはできません。

169: クライアント キャッシュとリモート エンジンのプ ロトコルが一致しません。

このステータス コードは、クライアント ソフトウェアが、お使いのリモート データベース エンジンに付属する最新のものではないことを示します。V8 の一般リリース版のリモート エンジンに対して V8 のプレリリース版のクライアント ソフトウェアを実行している場合にのみ、このステータス コードを受け取ります。

この問題を解決するには、クライアント ソフトウェアをアンインストールし、最新の V8 クライアントをインストールします。

170: データベース ログインが必要です。

ユーザー名が不正であるか見つからないため、データベースへの認証に失敗しました。

171: データベース ログインに失敗しました。

パスワードが不正であるか見つからないため、データベースへの認証に失敗しました。

172: データベース名が見つかりません。

マシンの有効なデータベース名を指定してください。

173: 既にログインしています。

Btrieve のログイン要求は、クライアントが指定されたデータベースに既にログインしているため失敗しました。

174: ログアウトに失敗しました。

データベースにログインしていない場合、あるいはログアウトしようとした際に開いたままのデータベースのファイル ハンドルがある場合は、ログアウトが失敗することがあります。

175: データベース URI の形式が間違っています。

URI 接続文字列が正しく構成されていませんでした。最初の 5 バイトは "btrv:" である必要があります。

176: ファイル名およびテーブル名が URI に指定されて いません。

Open または Create オペレーションの発行に使用した URI 接続文字列には、ファイル名もテーブル名も含まれていませんでした。

177: データベースに存在しないテーブルです。

Open オペレーションの発行に使用した URI 接続文字列には、ファイル名が含まれておらず、FILE.DDF に存在しないテーブル名が含まれていました。

178: データベースに存在しない辞書です。

Open オペレーションの発行に使用した URI 接続文字列にはフル パスのファイル名が含まれていましたが、これは、データベースのデータ ディレクトリの 1 つとして存在していないディレクトリを参照していました。

Pervasive Control Center(Windows)の[名前付きデータベースの管理]ダイアログ ボックスまたは dbmaint ユーティリティ(Linux)を使って、データベースにディレクトリを追加してください。


戻る
0
目次
上へ
進む
1000 〜 1999