IoTデバイスの普及でデータ管理の課題が顕在化、エッジで解決するためには?

AG-TECH CORPAG-TECH CORP

ENGLISH

【ホワイトペーパー】


IoTデバイスの普及でデータ管理の課題が顕在化、
エッジで解決するためには?


< これを読めば Actian Zen の全容がわかる >



 IoTデバイスを含むデジタルデバイスの保有数が、2025年までに全世界で750億台に達すると予測されています。今後、組織は世界のあらゆる場所からデータを得ることができるようになる一方で、セキュリティを考慮しつつも、大量のデータを効率的に管理する必要があるという課題に直面することになるでしょう。


 従来のデータセンターやクラウドなどにデータを集中管理する方法では、データストアへのアクセス時間が長くなり、データ移動にかかるコスト増大やセキュリティ面での問題が発生します。今、これらを解消するものとして注目されるのが、エッジでのデータ集約のみならず、クレンジングや分析まで担う、エッジインテリジェンスという考え方です。


 当ホワイトペーパーでは、エッジインテリジェンスが求められる背景とともに、エッジでいかにデータを効率的に管理、運用すべきかを提起しています。また、エッジデータ管理を成功に導くには、例えばプラットフォーム間でのデータ転送にはETLが不要であり、専任の管理者を必要としないデータベース製品を使用することが不可欠となります。それらの理由を詳細に紹介していますので、データベース選別の際に参考ください。



ダウンロードページへ


*初回に限り、会社名とお名前、メールアドレスの登録が必要となります。

【お客様の個人情報の取扱い】


お客様が弊社取扱製品・サービスのお申し込み・ご注文・ご登録(以下「お申し込み等」)を行った場合、
お申し込み等に記載されたお客様ご本人が下記 URL に掲載の 「お客様の個人情報の取扱い」 にご同意したものとみなします。
以下の 「お客様の個人情報の取扱い」をご確認ください。


「お客様の個人情報の取扱い」 については、こちら

Contactお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

    必須会社名

    個人のお客様は「個人」と入力してください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須メールアドレス(確認)
    必須ライセンス ありなし
    ダウンロード目的