Fastreport VCL メニュー

AG-TECH CORPAG-TECH CORP

ENGLISH

FastReport VCL 2021 について

FastReport VCL 2021 は、Delphi、C++Builder、および RAD Studio 用の次世代のレポート ツールです。

イメージ エディターで作業するような、イメージ操作の大幅な改善:

  • レポートでの高画質なベクター SVG 画像の使用
  • さまざまな形式のイメージの透過性を改善

レポートの適用範囲を広げる新しいオブジェクト:

医薬品やワクチンの包装ラベルで用いられる 2 トラック Pharmacode

レポートの安全性とセキュリティ:

PDF 形式で保存したレポートは、デジタル署名で保護できるようになりました。それにより一意性が保証され、作成者を明確にでき、レポートの編集を防ぐことができます。

リソースの最適化:

  • ページの縮小図の形成速度が向上
  • 作業に必要なメモリが減少

新しいライセンス モデル:CLICK

2021 年 3 月から、FastReport VCL のすべてのエディションはサブスクリプション ベースになりました。つまり、サブスクリプションが有効である限り、常に最新バージョンをお使いいただけます。サブスクリプション期間中に入手された製品については、サブスクリプション終了後も継続してご利用いただくことができます。(ただし、最新バージョンへの更新はできません。)

詳細:

ベクター SVG 形式のイメージの読み込みと出力を標準の図オブジェクトを使って行えます(Delphi の場合のみ)。レポートの外観が向上します。

PDF エクスポートにデジタル署名のサポートが追加され、pfx および p12 証明書がサポートされました。3 つの簡単な手順だけで PDF ドキュメントをサインアップできます。デジタル署名オブジェクト(TfrxDigitalSignatureView)を追加して、署名の種類(hidden、visible、image)を選択し、証明書を指定してドキュメントをサインアップします。

レポート内のイメージの透過性サポートが改善されました。FastReport VCL は、透過画像をサポートするレポート プレビュー、出力、およびエクスポートにおいて、カラー マスクだけでなくアルファ チャネルもサポートするようになりました。

サムネイルの生成や、全体的な画質の制御ができる試験的な画像キャッシュが追加されました。新しい画像キャッシュには、メモリ使用量と GDI 記述子が保存されます。重複するイメージのインスタンスを 1 つだけ読み込みます(Report.PictureCacheOptions.CachedImagesBuildType=tbtOriginal プロパティにより、オンにすることができます)。

プレビュー ウィンドウでのイメージの高速読み込みで使用しているサムネイルの生成に対して画像キャッシュを設定することができます(Report.PictureCacheOptions.CachedImagesBuildType=tbtAtPrepare により、オンにすることができます)。サムネイルの画質は Report.PictureCacheOptions.ThumbnailQualityReducer プロパティで制御され、圧縮率と条件を設定することができます。また、Report.PictureCacheOptions.OriginalQualityReducer プロパティにより、すべての図の全体的な圧縮品質を制御することも可能です。このようなイメージはプレビュー、出力、およびレポートのエクスポートで使用されます。

新しいバーコードの種類、2 トラック Pharmacode が追加されました。

主な機能追加

  • TfrxPictureView オブジェクトで、ベクター SVG 形式のサポートが追加されました。
  • デジタル署名オブジェクト、および PDF エクスポートのデジタル署名サポートが追加されました(サポートされる種類:skNone、skInvisible、skVisible、skEmpty)。
  • 試験的な画像キャッシュおよびサムネイル キャッシュが追加されました(TfrxReport.PictureCacheOptions プロパティで制御)。
  • エクスポート フィルターおよび出力でのアルファ透明のサポートが追加されました。
  • 2 トラック Pharmacode バーコードが追加されました。
  • 認証ダイアログ用の外部 Web ブラウザー コンポーネント(CEF4Delphi、新しい Edge インターフェイス)のサポートが追加されました。
  • %ALLUSERSPROFILE% などの Windows 環境変数のサポートがクライアント/サーバー構成ファイルに追加されました。

主な不具合の改善

  • 高 DPI におけるプレビューのサムネイルの拡大縮小に関する問題を修正しました。
  • 空行を含む XLSX のバグを修正しました。
  • 仮想プリンターの印刷の状態を修正しました。
  • EMF を SVG にエクスポートする際の、Segoe UI フォントに関する問題を修正しました。
  • 構文メモで 3 つ以上の記号のグループを入力する際の、IME 入力に関する問題を修正しました。
  • 切り抜いた EMF を PDF にエクスポートする際のバグを修正しました。
  • TfrxPictureView の切り抜きに関する問題を修正しました。
  • PDF における対話型テキスト フィールドの間隔に関する問題を修正しました。
  • SVG/HTML エクスポートにおける Cambria Math フォントに関するバグを修正しました。
  • 例外が発生した際の HasField 関数の問題を修正しました。
  • シンクロナイザーのメイン スレッドが停止する問題を修正しました #601673。
  • 異なるバージョンの TeeCharts からファイルを読み取る際の、グラフの読み取りエラーをスキップします。
  • 一部のプリンターにおける PaperSizes の最大数に関する問題を修正しました。

Contactお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

    必須会社名

    個人のお客様は「個人」と入力してください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須メールアドレス(確認)
    必須ライセンス ありなし
    ダウンロード目的