リバースエンジニアリング対策セミナー

リバースエンジニアリング対策セミナー

|開催趣旨|開催日時・場所|プログラム概要|会場のご案内|お申し込みについて|お問い合わせ先|

開催趣旨

昨今、スマートフォンの普及に伴い、モバイルアプリの開発工数も急増しております。それを支援するためにも、たくさんのクロスプラットフォーム(マルチデバイス)開発環境が出現し、開発効率の改善が図られてきました。しかしながら、そのモバイルアプリを狙った被害も急増し、情報漏洩や金銭的な被害が発生する事件が社会問題化しております。それは、クロスプラットフォーム開発環境で開発されたアプリにおいても変わりありません。

マイクロソフトがリリースした Visual Studio 2017 で提供される Xamarin を例にした、難読化によるリバースエンジニアリング対策やデバックハッキングの実態などをご紹介いたします。

開催日時・会場

日 時 2017年12月14日(木)
開催時間 14:30~17:00 (14:00より受付開始)
会 場 エージーテック
東京都千代田区神田錦町1-21-1 ヒューリック神田橋3F (地図はこちら
参加費 無料

▲ページトップへ

プログラム概要

プログラム ◆ リバースエンジニアリング対策について
 ・ リバースエンジニアリングとは
 ・ リバースエンジニアリング対策の必要性
 ・ デバッグハッキングの実態
 ・ デバッグハッキングからの防御方法
 ・アプリの堅牢化とセキュリティ強化
◆ Xamarin クロスプラットフォーム開発環境と難読化
 ・ Xamarin 開発環境の概要から、難読化が必要な理由を解説
◆ 難読化デモンストレーション
◆ 質疑応答
参加いただきたい
お客様
● アプリを商用の目的で開発している方
● 個人情報を扱うアプリを開発または配布している方
● リバースエンジニアリングの被害対策を検討している方
● アプリの堅牢化の必要性を感じているが、まだ対策されていない方
● ソースの難読化に興味がある方

お申し込みフォームへ

▲ページトップへ

会場のご案内


株式会社エージーテック

東京都千代田区神田錦町1-21-1 ヒューリック神田橋3F

●地下鉄 大手町駅(C2a / C2b 出口)より徒歩4分
●都営新宿線 小川町駅(B7 出口)より徒歩6分
●JR 神田駅(西口)より徒歩8分
●地下鉄 丸ノ内線 淡路町駅(A4 出口)より徒歩9分

▲ページトップへ

お申し込みについて

本セミナーは、事前登録による予約制となっております。
お申し込みフォームにてお申し込みください。

※セミナーをお申し込みいただいたお客様には、確認のメールをお送りいたします。
 詳細はメールの内容をご確認ください。
※受付は先着順となっておりますので、定員になり次第お申し込みを締め切らさせていただきます。

▲ページトップへ

お問い合わせ先

株式会社エージーテック
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町 1-21-1 ヒューリック神田橋ビル3F
TEL:03-3293-5230 (リバースエンジニアリング対策セミナー担当まで)
E-Mail:sales@agtech.co.jp

▲ページトップへ

AG-THEC PreEmptive Solutions