参加申込み

概要

インターネットの発展により、クラウドを利用した開発環境の構築や、Webアプリケーションによるサービス提供が一般的となっております。

本セミナーでは、
Jenkins による自動化と JavaScript の難読化の
2つのテーマについて、ハッキング対策の手法を
ご紹介させていただきます。

開催日時

日時 2019年10月24日(木)14:30-17:15(受付開始 14:15)
会場 株式会社エージーテック
東京都千代田区神田錦町1-21-1
ヒューリック神田橋ビル3F
参加費 無料
参加申込みはこちらから

プログラム

14:30-15:50

    (第一部)難読化を含めたクラウド開発環境の構築

DevOps、CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)、アジャイル開発などソフトウェア開発の
ライフサイクルを改善するための手法が求められています。これらは違う手法ではありますが、共通して
ソフトウェア開発の自動化が必要となります。テスト、ビルド、デプロイといった今まで人間が行っていた
作業を自動化することで信頼性を高め開発効率を向上させることが重要となっております。
さらにソフトウェア開発を完全に自動化するためには難読化プロセスを含めた自動化が必要です。
このセッションでは、自動化ツールの Jenkins を例に、難読化を含めた自動ビルド環境の構築方法を
ご紹介いたします。

・ハッキング対策としての難読化
・Jenkins による自動ビルド環境の構築

15:50-16:00

休憩

16:00-17:15

    (第二部)JavaScript の難読化

Web アプリケーションによるサービス提供の比重が高まっております。クライアント側にアプリケーションの
インストールが不要となりメリットも多いのですが Web ブラウザ上のスクリプトで動作するため、プログラム
自体がそのまま見えた状態となり、脆弱性を狙った攻撃や機密情報の漏洩やマルウェア感染等の原因となって
います。その被害を抑えるために、JavaScript の難読化ツールをご紹介いたします。

・JavaScript の難読化ツールご紹介
・デモンストレーション

アクセス

*地下鉄 大手町駅(C2a もしくは C2b 出口)より徒歩4分
*都営新宿線 小川町駅(B7 出口)より徒歩6分
*JR 神田駅(西口)より徒歩8分

東京都千代田区神田錦町1-21-1
ヒューリック神田橋ビル3F
株式会社エージーテック

参加申込みはこちらから

お問い合わせ

セキュリティ対策セミナー 事務局: event-info@agtech.co.jp