平成11年4月14日
パーベイシブ・ソフトウエア株式会社

Pervasive.SQL Workstation日本語版販売開始のご案内

パーベイシブ・ソフトウェア株式会社(東京都港区 URL:http://pervasive.co.jp 代表取締役:横田耕作)は1999年4月14日、Pervasive.SQLサーバ版のスタンドアロン形として日本語版Pervasive.SQL Workstationの販売を開始します。 Workstation版はすでに販売を行っているサーバ版のBtrieveの持つトランザクショナルな機能とSQLの持つリレーショナルな機能の両者をサポートしています。さらに、メンテナンス・フリーの機能によりDBA(Database Administrator)が不要となります。

今回のWorkstation版の販売を実現することによりスタンドアロンからクライアント/サーバまでのPervasive.SQLトータル・ソリューションの提供を実現することが可能になりました。今回、日本語版にはAccess Easeと呼ぶMS AccessからBtrieveへのファイル変換ツールを同梱しています。これにより、AccessユーザはBtrieveの高速なDBMSをより快適に操作することが可能になりました。このWorkstation版はWindows95/98,NTをサポートします。

パーベイシブ・ソフトウェアでは販売会社5社の協力を得て、4月14日水曜日から予約販売を行います。 今回Btrieve6.15のUnlimited Distribution LicenseからPervasive.SQL Workstation 1000 Seat Licenseへのアップグレード・キャンペーンを併せて行います。製品の販売に併せてセミナーを随時開催して行く予定です。

<株式会社 エージーテックについて>

1984年4月設立以来、組み込み用データベースソフトBtrieveを中心に開発者向け製品を輸入、日本語化して販売を行っている。扱っている製品は4つのカテゴリに分けられ、データベース系の主な製品はPervasive.SQL(旧Btrieve)、ビジネスインテリジェンス系ではCrystal Reports、コンポーネント系ではIP*Works!やList & Label、そしてツール・ユーティリティ系ではWinternalsやWinReporterなど。2001年7月にパーベイシブ・ソフトウェア株式会社と経営統合し、社内にパーベイシブ・ソフトウェア・ディビジョンを設置。2002年12月には最新版の Pervasive.SQL V8 をリリース。

※ PervasiveおよびBtrieveはPervasive Softwareの登録商標です。
※ Pervasive.SQLおよびPervasive DataExchangeはPervasive Softwareの商標です。
※ Microsoft および Windows は Microsoft Corp. の登録商標です。
※ その他社名、商品名などは一般に各社の商標または登録商標です。