平成12年9月5日
パーベイシブ・ソフトウエア株式会社

パーベイシブ・ソフトウェア「Pervasive.SQL 2000」、
マジックソフトウェア・ジャパン『dbMAGIC』にバンドルデータベースとして
Windows2000対応での最新版が採用される

パーベイシブ・ソフトウェア株式会社(代表取締役社長:ロン・ハリス)は、本日、マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:小川 義水)の「dbMAGIC Version8.2 K4」において、当社データベース製品である「Pervasive.SQL 2000 Workgroup for Windows NT」をバンドル供給することを発表しました。 今回のバンドル供給は、以前より「dbMAGIC」にバンドルしていました「Btrieve」を、Windows2000対応にした最新のデータベース・エンジン「Pervasive.SQL 2000」に更新したものです。「dbMAGIC」に引き続き当社の最新バージョンデータベースが選ばれたことは、よりいっそう両社のパートナーシップの強化につながり、今後も多数の「dbMAGIC」+「Btrieve」、「Pervasive.SQL 2000」ユーザにとって安心して両社製品をご利用いただける環境が整ったと共に、エンタープライズ・レベルへの展開も可能になりました。

「Pervasive.SQL 2000」について

「Btrieve」の後継製品として互換性、省資源、容易なメンテナンス、ハイパフォーマンスそしてローコストといった特長を継承し、さらにSQLによるアクセスを提供することにより、ユーザにとってより広範なソリューションを提供します。

今回バンドルする「Pervasive.SQL 2000 Workgroup」はワークグループ環境に特化し、特定のサーバをもたずにクライアント/サーバによるアプリケーションを実現できます。

「dbMAGIC」について

dbMAGICはWeb環境における高い生産性、負荷分散機能、高可用性を実現する多層アーキテクチャに基づくスケーラビリティを備えたWebアプリケーションの開発ツールおよび実行環境です。dbMAGIC により、C/SシステムとWebコンピューティングの統合環境、既存システムとの容易な統合を実現できます。
● Webアプリケーション開発に最適化された統合開発環境
● アプリケーション・サーバ・アーキテクチャによる卓越のスケーラビリティ
● ビジネス・ニーズに合わせて適応可能なシステム
● ステートメントやコンパイルを不要としたビジュアル開発
● 保守性の高さと再利用でプログラミングの負担を大幅に軽減
● 高いインターオペラビリティ

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社について

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社は、Webアプリケーションのための開発ツールおよびアプリケーション・サーバ「dbMAGIC」とECソリューション「eMerchant」の販売およびサービスの提供を行っています。現在、東京(本社)、札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡の全国主要7都市に営業所を構え、全国約800社のパートナーを通じて製品を販売し、サポートおよびコンサルティング・サービスの提供を行っています。「dbMAGIC」は、現在、株式会社ツムラ、トステム株式会社、松下電器産業株式会社など約1万8千の企業で累計30万本(クライアントベース)の導入実績があります。マジックソフトウェア・ジャパン株式会社に関する詳細は、http://www.magic-sw.co.jp/でご覧いただけます。

パーベイシブ・ソフトウェア株式会社について

パーベイシブ・ソフトウェアは1994年にノベル社から分離して設立されたソフトウェア会社(本社:テキサス州オースチン)です。そのデータベース製品、BtrieveはノベルNetWareの統合コンポーネントとして組込まれ、幅広く使われてきました。パーベイシブ・ソフトウェアはデータベース市場のニーズに対応するため分離以降、Btrieveに新たな機能を追加し、性能を断続的に向上させてきました。Pervasive.SQL 2000はそのBtrieveと業界標準のSQL(リレーショナル・クエリー)機能を組み合わせたDBMSです。 製品に関する詳細は、http://www.pervasive.co.jp/ でご覧いただけます。

※パーベイシブ・ソフトウェア株式会社はニュースリリース発表時期のものであり、現在は株式会社エージーテックとの経営統合が行われております。 詳細は、こちらをご覧下さい。

<株式会社 エージーテックについて>

1984年4月設立以来、組み込み用データベースソフトBtrieveを中心に開発者向け製品を輸入、日本語化して販売を行っている。扱っている製品は4つのカテゴリに分けられ、データベース系の主な製品はPervasive.SQL(旧Btrieve)、ビジネスインテリジェンス系ではCrystal Reports、コンポーネント系ではIP*Works!やList & Label、そしてツール・ユーティリティ系ではWinternalsやWinReporterなど。2001年7月にパーベイシブ・ソフトウェア株式会社と経営統合し、社内にパーベイシブ・ソフトウェア・ディビジョンを設置。2002年12月には最新版の Pervasive.SQL V8 をリリース。

※ PervasiveおよびBtrieveはPervasive Softwareの登録商標です。
※ Pervasive.SQLおよびPervasive DataExchangeはPervasive Softwareの商標です。
※ Microsoft および Windows は Microsoft Corp. の登録商標です。
※ その他社名、商品名などは一般に各社の商標または登録商標です。