平成11年11月8日
パーベイシブ・ソフトウエア株式会社

パーベイシブ・ソフトウェア「Pervasive.SQL 2000」デスクトップシリーズ3製品を発売

パーベイシブ・ソフトウェア株式会社(東京都港区 URL:http://www.pervasive.co.jp 代表取締役:横田耕作)は、1999年11月下旬よりPervasive.SQL 7の最新版「Pervasive.SQL 2000」デスクトップシリーズ3製品を出荷いたします。Pervasive.SQL 2000は従来のServer、Workstationに加え小規模ユースを対象としたWorkgroupを新たに発売いたします。

またこの度、2000年3月30日まで発売記念価格とてアップグレードキャンペーンならびに「Pervasive.SQL 2000 Server」、「Pervasive.SQL Workgroup」を特別価格にて販売いたします。

Pervasive.SQL 2000はパフォーマンスと信頼性に優れ、メンテナンスに手間のかからない組込み型ソリューションを提供し、ユニークなアーキテクチャを採用した高機能なデータベースソリューションを提供します。Pervasvie.SQL 2000デスクトップシリーズには、Server、Workgroup、Workstationの3つの製品があります。

Pervasive.SQL 2000 Server

大規模なワークグループ、部門、企業向けに求められる高いパフォーマンスと信頼性、高度なセキュリティ、そして24時間連続運用にも耐えうる可用性とメンテナンスフリーを実現したクライアント/サーバ タイプのデータベース ソリューションです。改良されたODBCインターフェースを搭載し、従来からのトランザクショナル アクセスによる高速性、より高速になったリレーショナル アクセスを提供します。Pervasive.SQL 2000 Serverは、従来のアプリケーションへの組込み用途はもちろん、ミッション クリティカルな用途にも適合。メンテナンスフリーを実現したことにより企業にとっての重要課題である運用コスト=TCOを削減することが可能です。

発売記念価格 : 178,000円から/10ユーザ版(2000年3月30日まで)
通常小売価格 : 198,000円から/10ユーザ版(2000年4月1日より)


Pervasvie.SQL 2000 Workgroup

小規模から中規模までのグループ ユーザに専用のサーバマシンを設置することなく、共通データへのアクセスを提供。ワークグループの規模やメンバー構成に左右されない高いスケーラビリティを実現し、すべてのユーザがローカル ネットワーク上のワークステーションなどのファイル資源にアクセスすることを可能にします。Pervasive.SQL 2000 Workgroup に搭載されたデータベース エンジンには、改良されたリレーショナル インターフェースを搭載。トランザクショナルの高速処理に優れ、より高速となったリレーショナル アクセスを実現、ワークグループ環境にクライアント/サーバ アーキテクチャと同等のパフォーマンスとセキュリティを提供します。Btrieve6.15で提供していたMEFS環境より、高いパフォーマンス・信頼性を実現しました。

発売記念価格 : 98,000円/3 User Workgroup版(2000年3月30日まで)
通常小売価格 : 128,000円から/3 User Workgroup版(2000年4月1日より)


Pervasvie.SQL 2000 Workstation

Pervasive.SQL 2000 Workstationは、Pervasive.SQL 2000デスクトップシリーズの優れたパフォーマンスと信頼性、そしてメンテナンスフリーといった数々の特長を、そのまま継承したスタンドアロン/シングルユーザのデータベース ソリューションです。オフィスで、また外出先でも、豊富な機能と最高水準のパフォーマンスを備えたデータベース パワーを利用できます。もちろん、各種アプリケーションへの組込み用途にも適しており、アプリケーション開発者のハイクオリティなニーズに応えます。

販売価格:30,000円から/Single Seat(Pervasive.SQL 2000 Workstationは発売記念価格の設定はございません)


Pervasive.SQL 2000主要機能
・日本語フル サポート
・Unicodeデータ タイプサポート(Btrieve)
・ODBCを使ってUnicodeへアクセス可能
・シンプルなインストール
・共通データ ストアに対するトランザクショナル プロセスとリレーショナル プロセス
・各トランザクション ステップの自動キャッシング
・コンピュータ トラブル発生時における保護機能
・ダイナミックなファイル展開
・24時間連続オペレーション
・ロール フォワードのアーカイブ ログ
・統合された ODBC インターフェイス
・ディストリビューデッド チューニング インターフェイス
・小さなメモリ フットプリント
・サポートしているすべてのプラットフォームでの既存の Btrieve アプリケーションとの互換性
・管理者レベルのサーバ セキュリティ
・使いやすいユーティリティ機能

尚、今回の製品発売にともなって、現在発売中の「Pervasive.SQL 7 Server Edition」および「Pervasive.SQL 7 Workstation」の販売を2000年6月30日、また「Btrieve 6.15 Developer Kit」を2000年2月中旬をもって終了いたします。

<株式会社 エージーテックについて>

1984年4月設立以来、組み込み用データベースソフトBtrieveを中心に開発者向け製品を輸入、日本語化して販売を行っている。扱っている製品は4つのカテゴリに分けられ、データベース系の主な製品はPervasive.SQL(旧Btrieve)、ビジネスインテリジェンス系ではCrystal Reports、コンポーネント系ではIP*Works!やList & Label、そしてツール・ユーティリティ系ではWinternalsやWinReporterなど。2001年7月にパーベイシブ・ソフトウェア株式会社と経営統合し、社内にパーベイシブ・ソフトウェア・ディビジョンを設置。2002年12月には最新版の Pervasive.SQL V8 をリリース。

※ PervasiveおよびBtrieveはPervasive Softwareの登録商標です。
※ Pervasive.SQLおよびPervasive DataExchangeはPervasive Softwareの商標です。
※ Microsoft および Windows は Microsoft Corp. の登録商標です。
※ その他社名、商品名などは一般に各社の商標または登録商標です。