平成12年10月12日
パーベイシブ・ソフトウエア株式会社

パーベイシブ・ソフトウェア株式会社 代表取締役社長にミラン・フジタが就任
パーベイシブ・ソフトウェア日本法人の経営体制強化へ

パーベイシブ・ソフトウェア株式会社(東京都港区)は、9月25日付で新しい代表取締役社長にミラン・フジタが就任したことを発表しました。フジタは今後、営業、マーケティングおよびサポートを含む日本市場のビジネス全般を統括します。フジタはこれまで、Invensys PLC社、マンパワー社、マイクロソフト社などのIT関連企業にて、ヨーロッパ地域中心に営業、マーケティングなどの要職を経験してまいりました。

今回の就任により、パーベイシブ・ソフトウェア株式会社は新体制を発足させ、より積極的な事業の戦略的展開、および販売の拡大を図ってまいります。

パーベイシブ・ソフトウェア株式会社の親会社である米国パーベイシブ・ソフトウェア社最高経営責任者ロン・ハリスは次のように述べています。「ミランの経験と知識、そして顧客に対する姿勢は、日本の経営を私たちの目指す『Back-To Basic』へ導くために最適な人材です。つまり、お客様にフォーカスし、お客様をケアすることによって、ビジネスを拡大することができます。」

フジタはミュンヘン工業大学を卒業後、数回の留学経験により5カ国語を習得しております。日本人の女性と結婚するなど公私ともにワールドワイドな生活をしております。 また、過去12年間に渡りプロ・バレーボールの選手として活躍、チェコ、ドイツ両国のナショナルチームに所属するという経験の持ち主でもあります。1962年チェコ生まれ38才

「Pervasive.SQL 2000」について

パーベイシブ・ソフトウェアは1994年にノベル社から分離して設立されたソフトウェア会社(本社:テキサス州オースチン)です。そのデータベース製品、BtrieveはノベルNetWareの統合コンポーネントとして組込まれ、幅広く使われてきました。パーベイシブ・ソフトウェアはデータベース市場のニーズに対応するため分離以降、Btrieveに新たな機能を追加し、性能を断続的に向上させてきました。Pervasive.SQL 2000はそのBtrieveと業界標準のSQL(リレーショナル・クエリー)機能を組み合わせたDBMSです。 製品に関する詳細は、http://www.pervasive.co.jp/ でご覧いただけます。

<株式会社 エージーテックについて>

1984年4月設立以来、組み込み用データベースソフトBtrieveを中心に開発者向け製品を輸入、日本語化して販売を行っている。扱っている製品は4つのカテゴリに分けられ、データベース系の主な製品はPervasive.SQL (旧Btrieve)、ビジネスインテリジェンス系ではCrystal Reports、コンポーネント系ではIP*Works!やList & Label、そしてツール・ユーティリティ系ではWinternalsやWinReporterなど。2001年7月にパーベイシブ・ソフトウェア株式会社と経営統合し、社内にパーベイシブ・ソフトウェア・ディビジョンを設置。2002年12月には最新版の Pervasive.SQL V8 をリリース。

※ PervasiveおよびBtrieveはPervasive Softwareの登録商標です。
※ Pervasive.SQLおよびPervasive DataExchangeはPervasive Softwareの商標です。
※ Microsoft および Windows は Microsoft Corp. の登録商標です。
※ その他社名、商品名などは一般に各社の商標または登録商標です。