OData and PSQL

Data Management Products

サポート

AG-TECH製品ライン


ご利用いただくお客様層に合わせた AG-TECH サポートサービスをご用意しております。



製品別FAQ参考資料
サポートサービスサポートフォーム

お問い合わせはこちら


OData(Open Data Protocol)and PSQL  

OData を使用して PSQL データベースをスマートフォン / タブレット アプリで使用可能に

OData とは?

OData (Open Data Protocol) は、さまざまなクライアント(OData コンシューマー)およびサーバー(OData プロデューサー)間で、データの照会および更新を行うためのオープン ソース Web プロトコルです。

OData は、Microsoft Open Specification Promise に従ってリリースされたもので、HTTP などの既存の標準技術に基づいて構築されています。OData は、データ モデルとプロトコルを定義することで、どのようなクライアントでも、任意のデータ ソースによって公開される情報へアクセスできるようにします。

OData の動作のしくみ

OData プロデューサーは、OData のデータ モデルを介してソース データを公開します。
クライアントは、OData コンシューマーと OData プロトコルを使ってこのソース データにアクセスします。



OData が PSQL 開発者にとって重要な理由

OData コンシューマーは、スマート フォン、タブレット、BI ツール、Web ブラウザーおよびカスタマー アプリケーション(Java、.NET、JDBC)向けに利用できます。OData サービス プロデューサーを PSQL 用に定義することは、どのような OData コンシューマーでも PSQL をデータストアとして使用できるということです。

OData 実用ドキュメント