DashO

PreEmptive Solutions
「難読化技術」


DashO

新規導入相談 参考情報
サポート 関連プロダクト

AG-TECH製品ライン


ご利用いただくお客様層に合わせた AG-TECH サポートサービスをご用意しております。



製品別FAQ参考資料
サポートサービスサポートフォーム

お問い合わせはこちら



*Dotfuscator、DashO、Overload-Induction、Runtime Intelligence、PreEmptive Analytics、PreEmptive Analytics for TFS、PreEmptive Solutions ロゴ、Dotfuscator ロゴ、および DashO ロゴは PreEmptive Solutions, LLC の商標です。
*その他、会社名、アプリケーション名、システム名などは一般に各メーカの登録商標または商標です。
*Android のロボットは Google が作成、提供しているコンテンツをベースに複製したもので Creative Commons の表示 3.0 ライセンスに記載の条件に従って使用しています。

DashO for Java/Android

Java/Android 開発向け難読化ツール
ポストビルドによる Java バイトコードの難読化

DashO  

専任担当者がサポート

 

Java、Android アプリケーションの脆弱性、適切な対策が必要です!
Android アプリの開発に広く用いられている Java。Java は開発し易い反面、リバースエンジニアリングが容易でセキュリティ面が非常に脆弱です。

DashO は、アプリケーションを取り巻く、様々なリスクの脅威からソースコードを保護するために開発されたのが Java 難読化ツールです。 リバースエンジニアリングの悪用による不正なアプリの解読や改ざんから強力にアプリを保護します。


.NET や Java(マネージコード)開発で生じるリスクから、なぜ「アプリケーション」を保護しなければならないかを「5つの考慮点」でセキュリティやリスク管理など様々な視点でご紹介しております。 >>> 詳しくはこちら


アプリケーションを提供する企業の責任と義務

Java、Android アプリケーションを提供する会社は、リバースエンジニアリングによるリスクを認識するとともに、セキュリティを施さなければなりません。アプリケーション開発に携わる企業は、自身(開発者)の知的財産の保護を怠ることで、アプリケーションを利用するお客さまにも被害を与えかねないからです。商用アプリケーションの開発者にとって、アプリケーションの難読化はもはや義務と言っても過言ではありません。