Dotfuscator

PreEmptive Solutions
「難読化技術」


Dotfuscator

新規導入相談 参考情報
      【動画公開中】
DashO 設定方法 動画ページへ

.NET アプリケーションの危険性から操作方法までわかりやすく解説しています。 「Dotfuscator による難読化のご紹介」

サポート 関連プロダクト


AG-TECH製品ライン


ご利用いただくお客様層に合わせた AG-TECH サポートサービスをご用意しております。



製品別FAQ参考資料
サポートサービスサポートフォーム

お問い合わせはこちら



*Dotfuscator、DashO、Overload-Induction、Runtime Intelligence、PreEmptive Analytics、PreEmptive Analytics for TFS、PreEmptive Solutions ロゴ、Dotfuscator ロゴ、および DashO ロゴは PreEmptive Solutions, LLC の商標です。
*その他、会社名、アプリケーション名、システム名などは一般に各メーカの登録商標または商標です。

Dotfuscator for .NET/WinRT/WP

.NET/WinRT/WP 開発向け難読化ツール

Dotfuscator  

専任担当者がサポート

 
リバースエンジニアリング対策セミナー

 

.NET アプリケーションを保護、計測、管理
ホストビルドによる .NET の分析と難読化、そして強固なセキュリティを実現

Windows 10 / Visual Studio 2017 ならびに Xamarin.iOS / Xamarin.Android をサポート
クロスプラットフォームによるモバイルアプリケーション開発環境に対応

優れた協調性や移植性で人気の.NET環境。しかし、その実行モジュールは中間言語であるという特性上、常にリバースエンジニアリングの脅威にさらされています。どのような手段をとってもリバースエンジニアリングによるソースコードの解析を 100% 阻止することはできません。しかしながら、リバースエンジアリングからプログラムを保護する最も効果的かつ効率的な方法として難読化が有効です。


.NET や Java(マネージコード)開発で生じるリスクから、なぜ「アプリケーション」を保護しなければならないかを「5つの考慮点」でセキュリティやリスク管理など様々な視点でご紹介しております。
>>> 詳しくはこちら


【スマートに難読化】
難読化とは逆コンパイルによって出力されたソースコードの解析を意図的に分かり難くする技術です。 Dotfuscator は、特許技術である識別名の変更を始め、制御フローの難読化、文字列の暗号化などを用いてリバースエンジニアリングを非常に難しいものにし、プログラムの知的財産権を保護します。

難読化はコンパイル後のアセンブリに対して施されるため、ソースコードには一切影響を与えません。 また、難読化の過程において識別子名の短縮、不要なメタデータやコードの削除が行われます。その結果、プログラムサイズは縮小され、プログラムのロード時間やパフォーマンスが最適化されます。

Visual Studio との密接な統合

2003 年以来、Dotfuscator Community Edition(簡易版)は、Visual Studio に同梱されています。 Dotfuscator は、Silverlight、WPF、Azure、Compact Framework、32/64-bit アーキテクチャーなど、さまざまなマイクロソフト社の技術に 100% 互換性があり、安心してご利用いただけます。