PreEmptive Solutions

PreEmptive Solutions


PreEmptive Protection for iOS
Dotfuscator for .NET/Xamarin
DashO for Java/Android

参考情報 サポート

AG-TECH製品ライン


ご利用いただくお客様層に合わせた AG-TECH サポートサービスをご用意しております。



製品別FAQ参考資料
サポートサービスサポートフォーム

お問い合わせはこちら



* Dotfuscator、DashO、Overload-Induction、Runtime Intelligence、PreEmptive Analytics、PreEmptive Analytics for TFS、PreEmptive Solutions ロゴ、Dotfuscator ロゴ、および DashO ロゴは PreEmptive Solutions, LLC の商標です。
*その他、会社名、アプリケーション名、システム名などは一般に各メーカの登録商標または商標です。

ハッキング予防~運用・被害のための、ソフトウェア保護

ハッカーは、商用サービスのモバイル、サーバー、およびデスクトップアプリケーションを攻撃の対象とすることがますます増えています。あなたのアプリケーションは次のような危険にさらされている可能性があります。

ソリューション概要


あなたの会社は、ハッキングに対して、どのようにして自分自身をより安全に守ることができますか?
次の対策を実行することで実現することが可能です。

1.予防 - ソフトウェア保護と難読化徴

明白な保護措置として、潜在的なセキュリティ脆弱性についてソフトウェアを監査し、アプリをリリースする前にそれらを修正してください。また、コードの難読化や堅牢化などの技術を適用して、逆コンパイラを防止し、人間による解析を非常に困難にすることによって、リバースエンジニアリングやハッキングを大幅に難しくすることができます。

2.運用中 - セキュリティ状態の検出と応答

アプリケーションの堅牢化により、アプリケーションの改ざんやデバッグに対抗する必要があります。たとえば、保護されたアプリケーションは、実行時にデバッガがアタッチされていたり、改ざんされているのか、脱獄(jailbroken)または安全でないデバ+イスで実行中であるのかを検出し、適切に応答(報告)ができます。
一例として、デバッグ検出は複数のアクションをランダムに適用してハッカーをさらに混乱させ、場合によってはアプリケーションをロック(二度と実行できないようにする)し、同時に報告します。

3.ハッキングの被害後 - 法的努力を強化する

最近制定された DTSA (Defend Trade Secrets Act)※の下で、企業は裁判所で営業秘密盗難の申し立てを行い、救済措置を求めることができます。これらの救済策を最大限に活用するには、企業は企業秘密を特定し、合理的な秘密防衛措置を実施しなければなりません。これらのルールをソフトウェアアプリケーションに適用することで、難読化および強化技術は、お客様のIPの機密性を維持するために必要な「合理的な努力」を確立する上で重要な役割を果たします。ディフェンド・トレード・シークレット法の詳細については、こちらをご覧ください。
※ 米国の法令です。米国市場でのビジネスにおいては、重要となります。