PPiOS

PreEmptive Solutions
「難読化技術」


PreEmptive Protection for iOS


@IT Special コンテンツのページへ
新規導入相談 参考情報
サポート 関連プロダクト

AG-TECH製品ライン


ご利用いただくお客様層に合わせた AG-TECH サポートサービスをご用意しております。



製品別FAQ参考資料
サポートサービスサポートフォーム

お問い合わせはこちら



*記載されている会社名、アプリケーション名、システム名などは一般に各メーカの登録商標または商標です。
*Android のロボットは Google が作成、提供しているコンテンツをベースに複製したもので Creative Commons の表示 3.0 ライセンスに記載の条件に従って使用しています。
DashO  

専任担当者がサポート

 

iOS アプリケーション開発の安全神話の崩壊
iOS アプリケーションは、構造的なことから高度なセキュリティは不必要だと言われてきましたが、その安全、安心の神話は崩壊してきています。iOS にもマルウェアが出現し、提供しているアプリケーションやサービスが犯罪の温床になる可能性があります。

PreEmptive Protection for iOS(略称:PPiOS) は、iOS アプリケーションに対する最先端の技術を駆使した難読化ツールです。


PPiOS で iOS アプリケーションを保護する 25 個の理由
PPiOS は、リバース エンジニアリングに対して、iOS アプリケーションを強化し、知的財産の保護、アプリケーションの違法コピーや偽造の低減を実現します。なぜ、PPiOS を自社の開発プロセスに組み込む必要があるか解説しています。ぜひ、ご覧ください。 >>> 詳しくはこちら


【リバースエンジニアリングの脅威】
  • 再パッケージ化 ・・・ 署名を改ざんし、変更した不正アプリを配布
  • 認証情報の盗用 ・・・ スプーフィング(なりすまし)で、ネットバンキング等に侵入
  • 個人情報の盗用 ・・・ 電話帳、アドレス帳、SNSデータ等の悪用
  • 認証制御の解析 ・・・ サーバーやDBへの不正アクセス
  • チートやBOTの作成 ・・・ オンラインゲームでの課金逃れや不正使用
  • 暗号化キーの置換 ・・・ 暗号化プロセスのハイジャック
  • 権限制御検知(ROOT化/脱獄)の回避  ・・・ セキュリティ制御のバイパス
  • アルゴリズムの解析 ・・・ 技術の複製や、擬似コードの作成
  • Method Swizzling  ・・・ 悪意のあるコード(外部ライブラリ)にリダイレクト

  • 知的財産の盗難、機密データの流出、収益の損失、信頼の喪失


アプリケーションに見合った難読化を行うことで、カジュアルハッキングを防止し、セキュリティ事故や  ビジネス情報の盗難や売買などの犯罪発生の可能性を低下させることができます。アプリケーション/システム開発で企業にとって欠かせないリスク対策が「難読化」です。


スマートフォンの普及とビジネスの変化

iPhone、Androidといったスマートフォンの性能が著しく向上するとともに、PC の代替えともいえるモバイル中心の社会にとなってきています。メールや Web にとどまらず、SNS やビックデータの利用、銀行取引、オンラインゲームなど様々なサービスが利用可能となっております。


iOS アプリケーション開発に潜む、セキュリティリスク

スマートフォンの普及と合わせ、認識しておかなければならないのが、機密情報の持ち歩きである。利用者は、提供されているアプリケーションなど疑いもなく利用しているのが現状である。そこで、アプリケーションやサービスを提供する企業は、安心して利用いただくためにもリバースエンジニアリングの脅威から守らなければなりません。