AG-TECH CORPAG-TECH CORP

ENGLISH
TOP/サポート/FAQ/ FastReport.NET/金額に ¥ 記号をつける方法を教えてください。

金額に ¥ 記号をつける方法を教えてください。

書式関数を使用する方法は、次のとおりです。各関数の詳細は、ヘルプをご覧ください。
[ヘルプ]データ → 関数 → 書式

【 FormatCurrency 関数を使用する 】

FormatCurrency(100) = “¥100”
FormatCurrency(100.5) = “¥101”
FormatCurrency(100.5, 2) = “¥100.50”

 

この関数では、実行環境(Windows OS)で地域設定されている通貨形式を使用します。
地域を「日本」で選択した通貨形式では、デフォルトで 記号:¥/小数点以下の桁数:0 が設定されています。
この通貨形式は、コントロールパネルの「地域と言語」オプションで確認することができます。

 

【 Format 関数で書式指定子(通貨)を使用する 】

Format(“{0:C}”, 100) = “¥100”
Format(“{0:C}”, 100.5) = “¥101”
Format(“{0:C2}”, 100.5) = “¥100.50”

 

書式指定子(通貨)は、実行環境(Windows OS)で地域設定されている通貨形式を使用します。
地域を「日本」で選択した通貨形式では、デフォルトで 記号:¥/小数点以下の桁数:0 が設定されています。
この通貨形式は、コントロールパネルの「地域と言語」オプションで確認することができます。

 

【 Format 関数で書式指定文字列を使用する 】

注意!
¥ 記号を文字列に含めるには ¥ を追加してエスケープさせる必要があり、使用するスクリプト言語で異なります。
スクリプト言語は、レポート オプション[スクリプト]で選択の言語(デフォルトでは[C#])に準じます。

 

[C#]

Format(“{0:¥¥¥¥#,##0}”, 1000) = “¥1,000”
Format(“{0:¥¥¥¥#,##0.00}”, 1000) = “¥1,000.00”
Format(“{0:¥¥¥¥#,##0}”, 1000.5) = “¥1,001”
Format(“{0:¥¥¥¥#,##0.00}”, 1000.5) = “¥1,000.5”

 

[VisualBasic.NET]

Format(“{0:¥¥#,##0}”, 1000) = “¥1,000”
Format(“{0:¥¥#,##0.00}”, 1000) = “¥1,000.00”
Format(“{0:¥¥#,##0}”, 1000.5) = “¥1,001”
Format(“{0:¥¥#,##0.00}”, 1000.5) = “¥1,000.5”

< FSTRPT1511012505 >

Contactお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

    必須会社名

    個人のお客様は「個人」とご入力ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須メールアドレス(確認)
    必須ライセンス ありなし
    ダウンロード目的