Fastreport VCL メニュー

AG-TECH CORPAG-TECH CORP

ENGLISH

FastReport VCL

レポーティングソリューション Windows 用クラスライブラリー
(VCL:Visual Component Library)を提供します。

New generation of
reporting solution for Delphi

現代の複雑化するデータ社会において、様々なビジネスシーンの中で業務の効率化や、
意思決定プロセスの短縮などが求められています。
FastReport は、ビジネスでのレポート作成の時間短縮や
配布コストの削減などを実現するレポートツールです。

動画公開中

● 第21回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ テクニカルセッション
  「Delphi/C++Builder + FastReportで作る実用レポート出力」 Part 1 / Part 2
※ プレゼンテーション資料(PDF)はこちら

● 開発元の製品紹介動画(英語)です。「Editions of FastReport 4VCL」

● デベロッパー TV 「日本語版も購入できる「FastReport VCL」がすごい」
操作デモンストレーションも公開しておりますのであわせてご覧ください。

製品概要

1主な特徴 抜群の速度

  • FastReport VCL の機能については、こちらをご覧ください。
  • FastReport VCL は、レポートをすばやく、効果的に作成できるようにするアドオン コンポーネントです。
  • レポートを開発するのに必要なツールセット(ビジュアルレポートデザイナー、レポートコアおよび「プレビュー」ウィンドウ)を提供します。
  • Embarcadero RAD Studio/Delphi /C++ Builder 2009/2010/XE~XE8/10.1 Berlin/10.2 Tokyo/10.3 Rio/10.4 Sydney 開発環境をサポートしています。
  • 豊富な サンプル コード をご用意しています。詳細については、こちらの「付属デザインサンプル一覧」をご覧ください。
  • UNICODE をサポートしています。
  • Delphi の実行用バイナリにライブラリごと埋め込むことが可能です。
  • ランタイムデザイナーを搭載しています。
  • Script(FastScript)に対応(PascalScript, C++Script, BasicScript, JScript)しています。
  • プリンタ以外にも出力先が指定可能です。
    PDF(圧縮、暗号化も可能), RTF, XLS, XML, HTML, JPG, BMP, GIF, TIFF,TXT, CSV, ODF
  • クロスタブ、ドリルダウンのレポートが作成可能です。
  • 機能概要ページへ

2FastReport VCL が選ばれている 4つの理由 高い汎用性

コンパクトかつ迅速

  • 使い方が簡単
  • FastReport をアプリケーションへ組み込むサイズは、同じような機能を備えた他のレポーティング ツールより少なくてすみます。
  • FastReport は、DLL の追加なしでアプリケーションをコンパイルできます。

パワフルかつ柔軟

  • プロの世界でも通用するレポートを作成するために必要とした様々なオブジェクト(テキスト、画像、チャート、バーコードなど)やデータ フォーマット ツールを提供します。
  • レポートの実行前にパラメーターを要求するためのダイアログを組み込んだり、マクロ言語のインタープリター(C++Script、PascalScript、BasicScript、Jscript)で非標準データを処理したり、難易度の高いレポートを作成したりすることができます。
  • ドット マトリックスプリンター用のレポートをすばやく作成・印刷することができ ます。

手ごろな価格

  • レポート エンジンおよびレポート デザイナーはランタイム ロイヤルティ フリーです。
  • FastReport には、完全なソースコードが含まれているので、自分のニーズに合わせてたカスタマイズもできます。

多彩なドキュメント提供

  • FastReport では、「ユーザー マニュアル」、「プログラマー マニュアル」、「開発者向けマニュアル」のドキュメントが提供されます。

主な機能

FastReport VCL 機能については、こちらの詳細情報もあわせてご覧ください。
FastReport では、評価版とあわせ、サンプルデモをご提供しておりますので、ぜひご利用ください。
デモでは、”新着情報” から項目を選んで[プレビュー] を行い、実際のレポートを見ることができます。
[デザイン] をクリックすればデザイナーを利用することもできます。

レポートデザイナー

  • 新しい XP スタイルのインターフェイス
  • すべてのレポート データセットにアクセスできる「データ」タブ
  • 「データ」タブでダイアグラムを描く機能
  • [Ctrl]+[Space]キーによるコード補完
  • ブレークポイント
  • ウォッチ
  • レポートテンプレート
  • ガイドライン(オブジェクトの移動やサイズ変更の時に表示)
  • ノンモーダルまたは MDI の子ウィンドウで作業が可能

レポートプレビュー

  • サムネイルの表示が可能

印刷設定

  • 大きなページを複数ページに分割して印刷が可能
  • 小さなページを連結して1ページに印刷することが可能
  • 縮小印刷
  • 両面印刷
  • 部単位の印刷時に、各部を区別する文字が印刷できる(例えば、”1部目”、”2部目”)

レポートコア

  • 「無限のページ(幅と高さ)」モード
  • イメージ処理速度の強化
  • グループで使用する「ページ番号のリセット」モード
  • レポート暗号化(Rijndael のアルゴリズム)
  • レポートの継承機能(dfm 形式のファイル)
  • グループのドリルダウン
  • グローバルな変数リストの作成(frxGlobalVariables オブジェクト)
  • 「クロスタブ」オブジェクト機能の改良
    • ・改良されたセルデザイン
    • ・デザイナー内で表示可能なクロス要素
    • ・左上隅の要素を表示する(ShowCorner プロパティ)
    • ・横に並べて表示する(NextCross プロパティ)
    • ・等しい値を含むセルの結合(JoinEqualCells プロパティ)
    • ・一つのセル内の同じ文字列値の結合(AllowDuplicates プロパティ)
    • ・クロスタブ内に外部オブジェクトを追加する機能
    • ・セルの幅と高さを大きくする AddWidth および AddHeight のプロパティ
    • ・手動でセルのサイズを変更できる AutoSize プロパティ
  • 矢印を含めることができる線オブジェクト
  • TfrxPictureView.FileLink プロパティ(変数またはファイル名が表示可能)の追加
  • 各枠線ごとの個別設定(LeftLine、TopLine、RightLine、BottomLine プロパティ)
  • PNG イメージのサポート(frx.inc ファイル内 {$DEFINE PNG} コメントを削除)
  • エクスポート形式に OpenOffice.org 対応の表計算(ods)およびテキスト(odt)をサポート

エンタープライズコンポーネント

  • ユーザー/グループ向けのセキュリティサポート
  • Web フォーム機能の改良
  • テンプレートサポート
  • レポートリスト、構成、データベース接続、ユーザー/グループなどの動的更新

機能情報

  • バンド指向なので、多様なバンドタイプを指定してどんなレポートでも作成できます。
  • レポートは、複数のデザインページ(表紙、データ、裏表紙など)を含めた一つのファイルとして作成することができます。
  • 様々な ① レポートオブジェクト (テキスト、画像、線、図形、チャート、バーコード、クロス集計、OLE オブジェクト、チェックボックス、グラデーション)を提供します。
  • ビジュアルな ② デザイナー を提供します。
    • ・ズーム、「元に戻す/やり直す」操作、ガイドライン、ルーラー機能などをサポート
    • ・MS Office と同じような外観、カスタマイズ可能なインターフェイスを装備
    • ・既存レポートの変更や新規レポート作成機能をユーザーに提供
  • ① レポートオブジェクト
    レポートオブジェクト
    ② デザイナー
    デザイナー
  • レポート内で使用するデータソース(テーブル、クエリー、データベース)をデザイナーの ③ [データ]タブ で作成できます。現在は、ADO、BDE、DBX、IBX、FIB、および他社製の DB ライブラリーがサポートされています。
  • レポートを実行する前に確認することができる ④ ダイアログ フォーム を提供します。
  • ③ [データ]タブ
    データ管理ページ
    ④ ダイアログフォーム
    ダイアログ フォーム
  • 4つの言語(PascalScript、C++Script、BasicScript、Jscrip)をサポートする組み込みスクリプトエンジンを提供します。デザイナーの ⑤ [コード]タブ にスクリプトを記述することで、複雑なデータ処理やダイアログ フォーム、コントロールが制御できます。
  • スクリプトのデバッカーを提供します。⑥ デバック ツール には、デバッグ モード、ブレークポイント、ウォッチなどがあります。
  • ⑤ [コード]タブ
    [コード]タブ
    ⑥ デバッグ ツール
    デバッグ ツール
  • ビジュアルな ⑦ クエリ ビルダー を提供します。複数のテーブルからクエリを作成することもできます。
  • エクスポートフィルターで様々な形式(PDF、RTF、XLS、XML、HTML、JPG、BMP、GIF、TIFF、TXT、CSV、ODF)にレポートをエクスポートできます。
  • 簡単操作で、レポートをメール送信することができます。
  • エンタープライズ コンポーネントを使うことで、Web ブラウザーがあればいつでもレポートが表示できます。
  • ⑧ ドット マトリックス レポート は、ドット マトリックス プリンター用にデザインされた特別なレポートです。印刷はかなり速くなります。
  • ⑦ クエリ ビルダー
    ビジュアルクエリービルダー
    ⑧ ドット マトリックス レポート
    ドット マトリックス レポート
  • レポートの継承機能(ファイルベースの継承も Delphi/C++Builder のフォーム継承もサポート)を提供します。タイトル、ロゴ、フッターなどの共通要素を持つレポートが多い場合、その共通要素を基本レポートに保存しておき、他のレポートを作成する際に継承元として使用することができます。
  • 充実した印刷機能を提供します。大きなページを複数ページに分割したり、小さなページを連結して 1 ページに印刷したり、縮小印刷したりすることができます。
  • 任意のデータ(配列からデータベース テーブルまで)へアクセスができます。どんなデータでも(例えば、静的データまたは列から列へ動的に変化するデータ)、お使いのアプリケーションからレポートへ転送できます。
  • さまざまなレポートを作成するウィザードを提供します。5 つのステップで、すぐに使えるレポートを作成することができます。
  • ⑨ クロス集計レポート で、単一データ セットから複雑なヘッダーを含むテーブル(OLAP キューブのようなもの)を作成することが可能になります。
  • 垂直のバンドを組み合わせると、クロス集計と同じようなレポートを作成することができます。
  • ⑩ グラフ(TeeChart Pro のすべての機能をフルサポート)を提供します。
  • ⑨ クロス集計レポート
    クロスタブレポート
    ⑩ グラフ
    チャート
  • ⑪ 「テキスト」オブジェクト では、1行以上のテキスト、変数、データ フィールドなどを含めることができます。また、簡単な HTML タグ(b、i、u、strike、sub、sup、font color)、テキストの配置、テキストの回転、塗りつぶし、枠、WYSIWYG モードなどをサポートします。
  • UNICODE をサポートします。FastReport で作成したレポートは、世界各国のデータを表示することができるでしょう。
  • 製品に含まれる完全なソースコードに手を加えることで、独自のオブジェクトやエクスポート フィルター、関数、ウィザード、データベース エンジンを作成することができます。
  • ⑫ ドリルダウン レポート が作成できます。1回のマウス クリックでグループ レポートのデザインをドリルダウン レポートに変更できます。プレビューでは、グループ単位に表示または非表示にすることができます。
  • ⑪「テキスト」オブジェクト
    「テキスト」オブジェクト
    ⑫ ドリルダウン レポート
    ドリルダウンレポート
  • 対話型レポートを提供します。プレビューでオブジェクトをクリックしたときに実行する動作を設定することができます。たとえば、クリックされた項目についての詳細情報を含む別のレポートを作成して、表示ができます。
  • レポートにパスワード設定してさらにレポートを暗号化することで、その内容の機密性が保持できます。
  • 部単位の印刷時に、各部を区別する文字が印刷できます(例えば、”1部目”、”2部目”)。その文字は簡単に設定ができます。

機能情報 2 (効率的な開発ツールの提供など)

FastReport VCL はレポートをすばやく、効果的に作成できるようにするアドオン コンポーネントです。
FastReport は、レポートを開発するのに必要なツール
(ビジュアル レポート デザイナー、レポート コアおよび「プレビュー」ウィンドウ)を提供します。

クラス

  • テキスト オブジェクトで新しい塗りつぶしタイプが利用可能になりました: グラデーションと鏡。
  • テキスト オブジェクトはいくつかのハイライト状態を持つことができます。ハイライト状態は次のスタイル設定を含みます: フレーム、フォント塗りつぶし、およびオブジェクトの表示。それぞれの設定をオン/オフできます。
  • テキスト オブジェクトはいくつかの書式設定を持つことができます。テキスト オブジェクトのテキストに複数の式が含まれるとき、それぞれの式のために書式を指定できます。
  • データバンドに Filter プロパティが追加されました。スクリプトを使用しないでデータ行を除外できます。
  • レポート ファイル形式の変更: データセット、変数、書式、ハイライトなどのコレクションは読み易くするためにネストされたプロパティとして記述されます。古いファイル(FR VCL 3 および 4)は完全にサポートされます。
  • (クリックで拡大)

  • レポート オブジェクトに MouseEnter、MouseLeave イベントが追加されました。
  • Visibility プロパティが追加されました(vsPreview、vsPrint、および vsExport にフラグを設定)。

新しいオブジェクト

  • 新しい二次元バーコード – PDF417、DataMatrix、QR コード。
  • 新しいバーコード – Code128、EAN128 (自動エンコード付)。

対話機能

  • 新しい対話型レポート タイプ: 詳細レポートと詳細ページ。対話型オブジェクトをクリックすると、新しいレポートが生成され、プレビュー ウィンドウ内の別のタブに表示されます。
  • (クリックで拡大)

  • グラフ オブジェクトに対話型機能が追加されました。グラフ要素をクリックして、詳細なレポートを生成することができます。

エクスポート

  • PDF エクスポートのフォント埋め込みの改善: フォント全体でなくフォントサブセットが埋め込まれます。これはファイルサイズを大幅に減少させます。
  • 新しいエクスポート: HTML5 (div)、DOCX、XLSX、PPTX。
  • RTF、XLS、XML、HTML、ODF エクスポートの改善: 1 つのテキスト オブジェクト内で異なる枠線をサポート。

GUI

  • デザイナーとプレビュー ウィンドウ内で新しいアイコン。
  • (クリックで拡大)

  • データツリーの改良された外観: 異なるフィールド タイプ用の新しいアイコン。
  • 新規および改善されたダイアログ: ハイライト、フレーム、塗りつぶし、ハイパーリンク、データバンド エディター。

クライアント/サーバーのレポート

  • タッチをサポートした新しいナビゲーション ツールバー
  • AJAX 技術によって動作します。
  • 最適化された Exchange プロトコル
  • 応答時間の減少

Embacadero との機能比較

次は、FastReport VCL 製品版と Embarcadero RAD Studio XE8 にバンドルされている VCL 版との主な違いです。

  • ダイアログデザイナー
  • レポートのロジックを処理可能にする内部スクリプトエンジン。四つの言語(PascalScript、C++Script、JSCript および BasicScript)がサポートされています。
  • エンドユーザーが使用できるレポートデザイナー(インストールされるデモ プログラムをご覧ください)
  • ユーザーが SQL をうまく使えない場合に、複雑なクエリーを作成できるようにする組込み SQL クエリービルダー。
  • 完全なソースコードを提供。作業ロジックを分析し、必要な変更や調整ができるようになります。
  • Web レポート作成コンポーネントが含まれています。
  • 日本語の説明書(「ユーザー マニュアル」、「プログラマー マニュアル」、「開発者向けマニュアル」)の提供
  • 日本語のデモ プログラム(日本語サンプル レポートを含む)をダウンロードで提供
  • テクニカル サポートの提供(AG-TECH サポートサービスを別途契約)

次では、機能比較を一覧表でご覧になれます。

比較項目 [バンドル版]
Embarcadero RAD Edition
[製品版]
Enterprise Edition
スクリプトエンジン
ソースコード
Web アプリケーション用コンポーネント
日本語化された説明書
レポート デザイン機能
複数のレポート ページ
ページに複数バンドが使用可能
右から左へ表示されるテキストのサポート
100% 日本語化されたユーザー インターフェイス ×
完成したレポートの変更 ×
イベント ハンドラー ×
エンドユーザー用ランタイム レポートデザイナー ×
ビジュアル SQL ビルダー ×
レポート オブジェクト
バンド(フッター、ヘッダー)
ハイパーリンクの埋め込み
一重罫線のテキスト
二重罫線のテキスト
HTML 形式テキスト
RTF 形式テキスト
BMP 画像
メタファイル画像
JPEG 画像
PNG 画像
ICO 画像
チャート
バーコード ※対応バーコードタイプ一覧
2D バーコード(PDF417 / DataMatrix / QR Code) ×
グラデーション
チェックボックス
矢印
単純なジオメトリオブジェクト
垂直バンド ×
クロス集計 ×
ダイアログフォーム ×
内部データセット ×
Interbase Express (IBX) 、IBObjects、ActiveX Data Objects (ADO)、dbExpress データベース インターフェイス サポート ×
レポート エクスポート機能
PDF
RTF
HTML
TXT
JPEG、BMP、TIFF、GIF、EMF
CSV
ODS、ODT ×
Excel(97/2000/XP)ファイル ×
Excel(XML スプレッドシート) ×
E-Mail ×
DBF ×
コンバート可能なレポート形式(コンバートにはプログラミングが必要です。
Quick Reports
Rave Reports ×

※RaveReport
製品が必要

Report Builder

システム要件

  • 製品のアーキテクチャー

  • 32 bit / 64 bit
  • ツールタイプ

  • コンポーネント
  • コンポーネントのタイプ

  • VCL
  • 互換性のあるプラットフォーム

  • CodeGear RAD Studio 2009 (Delphi / C++Builder)
  • Embarcadero RAD Studio 2010 (Delphi / C++Builder)
  • Embarcadero RAD Studio XE (Delphi / C++Builder)
  • Embarcadero RAD Studio XE2 (Delphi / C++Bui lder)
  • Embarcadero RAD Studio XE3 (Delphi / C++Builder)
  • Embarcadero RAD Studio XE4 (Delphi / C++Builder)
  • Embarcadero RAD Studio XE5 (Delphi / C++Builder)
  • Embarcadero RAD Studio XE6 (Delphi / C++Builder)
  • Embarcadero RAD Studio XE7 (Delphi / C++Builder)
  • Embarcadero RAD Studio XE8 (Delphi / C++Builder)
  • Embarcadero RAD Studio 10 Seattle (Delphi / C++Builder)
  • Embarcadero RAD Studio 10.1 Berlin (Delphi / C++Builder)
  • Embarcadero RAD Studio 10.2 Tokyo (Delphi / C++Builder)
  • Embarcadero RAD Studio 10.3 Rio (Delphi / C++Builder)
  • Embarcadero RAD Studio 10.4 Sydney (Delphi / C++Builder)

※ Embarcadero RAD Studio 10.4 Sydney (Delphi / C++Builder) の対応はビルド 6.7.5 以降です。
最新のインストール ファイルは こちら からダウンロード可能です。

Contactお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

    必須会社名

    個人のお客様は「個人」と入力してください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須メールアドレス(確認)
    必須ライセンス ありなし
    ダウンロード目的