Dotfuscator

PreEmptive Solutions


Dotfuscator for .NET/Xamarin

新規導入相談 参考情報
      【動画公開中】
DashO 設定方法 動画ページへ

.NET アプリケーションの危険性から操作方法までわかりやすく解説しています。 「Dotfuscator による難読化のご紹介」

サポート 関連プロダクト


AG-TECH製品ライン


ご利用いただくお客様層に合わせた AG-TECH サポートサービスをご用意しております。



製品別FAQ参考資料
サポートサービスサポートフォーム

お問い合わせはこちら



*Dotfuscator、DashO、Overload-Induction、Runtime Intelligence、PreEmptive Analytics、PreEmptive Analytics for TFS、PreEmptive Solutions ロゴ、Dotfuscator ロゴ、および DashO ロゴは PreEmptive Solutions, LLC の商標です。
*その他、会社名、アプリケーション名、システム名などは一般に各メーカの登録商標または商標です。

Dotfuscator  

エディション比較

Dotfuscator には、以下のエディションがあります。

Dotfuscator Community Edition (CE)

Microsoft Visual Studio に無償で同梱される機能限定版。
(弊社からの販売およびサポートの提供はいたしません)

Dotfuscator Professional Edition (PE)

商用アプリケーションおよび企業向けアプリケーションの開発に対応するフル機能版。


次の表は、Dotfuscator 製品を機能別に比較したものです。


★ Professional Edition(製品版)には、CE(バンドル版)ではサポートされていない機能が数多くあります。
各機能の概要については、あわせてこちらもご覧ください。

機能 Community Edition
(CE)
Professional Edition
(PE)
利用条件
個人利用
商用利用  
難読化
複数アセンブリにまたがる名前変更
名前の変更規則
Silverlight XAML の名前変更
WPF BAML の名前変更
名前の変更プレフィックス  
拡張オーバーロード誘導による名前変更  
増分難読化  
HTML 形式の名前の変更レポート  
制御フロー  
文字列の暗号化  
ユーザーインターフェイス
スタンドアロン UI
Visual Studio との統合  
コマンド ライン  
MSBuild との統合  
サポートされているアプリケーションの種類
WinRT  
Windows Phone 8  
Windows Phone 7
Office アプリケーション  
SQL CLR アプリケーション
統合された ClickOnce  
Silverlight XAP
WPF
ワイルドカードで指定されたディレクトリ
ジェネリック型およびジェネリック メソッド   ※1
Managed C++ (混在モード)アセンブリ     ※2
サテライト アセンブリ  
ビルド / パッケージ
厳密な名前付きアセンブリの再署名  
Authenticode 署名  
ビルド前およびビルド後イベントのサポート  
ユーザー定義可能な従属アセンブリ検索パス  
ディレクトリワイルドカード
Appx ラウンドトリップ  
XAP ラウンドトリップ  
デバッグサポート
PDB ラウンドトリップ  
スタック トレースの変換  
配置の最適化
アセンブリのリンク  
HTML / XML 形式の除去レポート  
不要コードの除去  
定数の除去  
高度なアプリケーション保護
改ざん検出(既定の動作)
改ざん通知  
改ざん検出(カスタム動作)  
デバッグ チェック機能  
ウォーターマーク  
アプリケーション ライフサイクル管理
埋め込まれた Shelf Life トークン
期間満了時の既定の動作
期間満了時のカスタム動作  
カスタム Shelf Life トークン ソース  
PreEmptive Analytics サポート(注)
カスタム エンドポイント
製品版 RIS エンドポイント
コミュニティ ポータル エンドポイント
Opt-in/Opt-out サポート
アプリケーションの追跡
SSL メッセージ  
拡張キー(カスタム データ ペイロード)  
PII の送信  
カスタム インスタンス ID(アプリケーション シリアル番号)の送信  
PreEmptive Analytics メッセージの種類(注)
機能時間  
機能維持時間  
パフォーマンス プローブ  
システム プロファイル  

(注)PreEmptive Analytics に関するサービスは、現在、国内ではお取扱いしておりません。

※1:Visual Studio 2012 以降のみ
※2:名前の変更のみ